Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

カセットデッキ・DATの修理

 

(2020/1/4現在)

貴方の大切な愛機の修理をお請けいたします。

また、大きなトラブルが発生する前に定期的な点検を行うことをお勧めします。

修理をお考えの方はこちらもご覧ください。

1 修理費用(税込)

◆ベルト交換8,000円~

◆デッキメカ分解点検修理(ベルト等消耗品交換含む)&総合調整(アジマス調整、テープ速度調整、出力・録音レベル調整、VOL類接点清掃)15,000円~30,000円

注1)機種により費用が異なります。(例:GX-93、TC-K555ESL 20,000円)

注2)部品が入手できない故障で修理不可の場合は費用はいただきません(往復の送料はご負担ください)。

注3)モーターの交換、ボリュームやトランジスタ等の基盤構成パーツの交換を伴う場合や樹脂製パーツの補修が必要な場合は3000円~加算されます(下記事例については「加算額」ですので、単独で修理する場合は別途見積となります)。

例1:GX-93ボリューム交換、モーター交換 各3000円

例2:GX-93基板修理 3000~5000円

例3:DTC-2000ES 表示パネル暴走修理 10000円

例4:DTC-1500ES 基板腐食コンデンサー交換 10000円/枚

例5:DTC-1500ES 基板修理(バイパス処置) 10000円

例6:DTC-57ES 電源部液漏れコンデンサー交換、基板修正 3000円

例7:DTC-57ES RFアンプ液漏れコンデンサー交換 3000円

例8:DTC-55ES 破損ギア交換 5000円

例9:TC-Kシリーズリモコン受光部交換、エンコーダー分解整備 各3000円

例10:GX、TC-K ピンチローラー交換(新品代替品) L:2000円、R:2000円

※ヘッドなどの重大な故障でドナー機の入手が必要な場合はその費用も加算されます。

注4)見積費用は無料です。

注5)上記以外に往復の送料が必要です。

注6)長期間不使用の機器については、不具合が併発していることがある(例:ベルト劣化とメカの固着)ことを予めご了承ください。

 

2 修理期間

3日~1週間程度(部品の手配が必要な場合は別途加算されます)

 

3 修理の流れ

(1)お問い合わせ欄から当店に機種や状態をご連絡いただきます。

(2)3日以内におおよその修理費用などをお知らせします。当店のメールアドレスは

audiolife2017@yahoo.co.jp になります。3日以内に連絡が無い場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

(3)修理の条件にご了承いただけましたら、当店宛て機器をお送りください(輸送中に破損のないよう厳重に梱包願います)。

(4)機器を受け取り後に状態を確認し、正式な見積額をお知らせします。

(5)修理に着手します。途中、想定外の不具合が発見され、費用が加算される場合は、その都度オーナー様にお知らせし、ご了解を得た後、修理を続行します。

(6)修理完了のお知らせメールをお送りします。そこに記載された口座に修理費用をお振込みください。

(7)入金確認後に機器をお送りいたします。

(8)修理経過についてはブログにアップしますのでご覧ください。

(9)取り外したパーツは、特にご指示が無い限り当店で処分します。

 

4 対象機種

(1)カセットデッキ

SONY

TC-K555ESシリーズ

TC-K333ESシリーズ

TC-K222ESシリーズ

 

 

AKAI

GX-93、GX-73、GX-R70等

 

A&D

GX-Z9100シリーズ

GX-Z7100シリーズ

GX-R75、65等

GX-Z9000、GX-Z7000

 

PIONEER CT-970ほか

VICTOR TD-V931ほか(テープ走行不良)

TEAC(TASCAM) V-9000、R-9000、112RmkⅡほか

Nakamichi LX-5ほか

※SONY及びAKAI(A&D)の一部機種に「リフレッシュメニュー」をご用意しております。

※テープ速度とヘッドアジマスの点検調整費用についてはこちらをご覧ください。

 

(2)DATデッキ

SONY

ポータブル機を除くすべての機種

 

 

 

PIONEER D-07、D-05、D-HS5

 

その他機種も対応可能な場合がありますので、お問い合わせください。

修理をお考えの方はこちらもご覧ください。

 

5 保証期間

修理箇所については3か月の保証付きですが、ヘッドの汚れやトレイの破損など、お客様の使用状況や使用環境による故障、及び修理箇所以外の故障については、保証の対象とはなりません。また、「常時発生しない不具合の修理」や「修理時に再現されなかったものの、機器をお返しした後に発生した不具合」についても保証の対象となりません。

 

6 その他

他の方が修理失敗した機器については修理できない場合があります。

修理内容がわかりやすいよう、作業経過についてはブログにアップします。

保証期間内であっても、機器の不具合により発生したテープの損傷等については保証しかねますのでご了承ください。

投稿日:2017年4月11日 更新日:

執筆者:

検索

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM