Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z5000

A&D GX-Z5000

投稿日:

本日の修理はA&D社製のカセットデッキ、GX-Z5000です。

このデッキは、2ヘッドではありますが、 「LC-OFCツインフィールドスーパーGXヘッド」を採用し、3ヘッド並みの特性を有しています。また。、ドルビーB、Cも搭載しノイズ対策も十分施されています。

今回は不動品として入手したもので、電源は入りますが、テープ走行は不可といった状態です。

早速筐体を開けました。構成や配置は姉妹機のGX-Z9000,7000と似ています。

メカを取り外すためには、ヘッドの配線を緩めなければならないので、2段になっている基盤を取り外す必要があります。基盤の裏にはシールド?なのか銀色のシートが見えます。

シングルキャプスタンの2ヘッドです。

正面カバーを外しました。左側リールの下にダブルキャプスタン用の穴が見えます。土台となる部分は上級機と共通です。ピンチローラーは可動部が固着して動きません。

アイドラーです。劣化して硬化しており、また、段差ができています。交換必須です。

ピンチローラーを外しました。グリスが変質して白くなっています。CRCを塗布した綿棒で清掃し、シリコングリスを塗布します。

外したピンチローラーです。弾力はありますが、表面はテカりと細かいひび割れが見えます。

表面を研磨し、専用クリーナーS-721H(AUDIO☆LIFE販売サイトでお求めになれます)で清掃します。

綺麗になりました。動作も大変滑らかです。

つづいて背面の基盤を取り外します。キャプスタンはダイレクトドライブです。

トレイ開閉やモードを切り替えるためのベルトです。左は新品です。これも交換必須です。

これはテープセレクターの接点です。ここも定期的なメンテナンスが必要です。

元通りに組み立て、次はトレイです。

違いが分かりますか?左はメンテ前、右はメンテ後です。カセットを押し付ける部分の形状が異なっています。ここをメンテナンスしないとカセットハーフが不安定になります。

ツマミです。GX-Z5000(上)は廉価版のため、この辺もコストダウンのためプラスチック

になっています。下はGX-Z9000用でメタル製です。折角ですので交換します。

仮組みして再生してみました。テープ走行は良好です。

中古デッキのテープ速度は大抵1~2%遅くなっています。本機も例外でなく、調整が必要です。

アジマス調整、VOL調整等を行い修理完了です。ケーブルも結束バンドで束ねます。

このデッキは「AUDIO☆LIFE販売サイト」で販売予定です。

興味のあるかたはご覧ください。

-GX-Z5000
-, ,

執筆者:

関連記事

GX機のカムモーター

AKAIのGX-93、GX-73、A&DのGX-Z9000、GX-Z7000、GX-Z5000、GX-Z9100(EX、EV)、GX-Z7100(EX、EV)のメカには、モーターは3種類使用さ …

A&D GX-Z5000

少し前に当店からGX-Z7000をご購入になったお客様からGX-Z5000の修理依頼がありました。 現在の状態としては、 (1)再生ボタンを押しても「ガガガ」と異音がし数秒で停止してしまう。 (2)力 …

GX機トレイ補修

AKAI、A&DのカセットデッキでGX-93、73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100のカセットホルダー(トレイ)は、構造がほぼ同一です。 この箇所で一番多い故障は、モード …

検索

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM