Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

音の揺れ

投稿日:

今日のワンポイントメモは、AKAI、A&Dの特にGX-93、GX-Z9000、GX-Z9100シリーズ(姉妹機も含む)における再生時の音の揺れについてです。

デジタル機器と異なり、超アナログなカセットデッキにおいて、ワウフラッターは避けられません。ただ、聴感上問題となることはほとんどありません。

ところが、先に掲げたデッキでテープを再生していると、テープの頭の方では良かったのですが、テープの最後辺りになると、音が震えてくることがあります。明らかに分かります。

この原因ですが、

この写真は、左側リールを外したところですが、中央にブレーキパッドがあります。

これは何の役割を担っているかというと、テープ走行時にブレーキを掛けて、テープにテンションを与えています。これにより、テープが進行方向の垂直方向に振れる(ブレ)ことを防止し安定した走行を保つとともに、テープをヘッドに密着させることができます。

したがって、ブレーキパッドが脱落するなどした場合は、テープが振れてヘッドから脱線し音がこもったり、テープの巻きこみが発生します。

ところが、ブレーキが掛かりすぎるとどうなるでしょう?右側のリールの回転によりテープを巻き取っていますが、再生を進めていくと右と左のテープの量が次第に変化します。

これにより、ブレーキによって右側のリールに加わる力が次第に大きくなります。そしていよいよ安定した走行ができなくなって、音が揺れます。

標準のパッドは、フェルト製ですが、経年により変化し、表面が圧縮され固くなってきます。そうすると、リールとの摩擦抵抗が大きくなり、上記のようなことが起きます。

これを解消するためには、パッドの表面を削るか他の物に交換するしかありません。

以上本日のメモでした。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

CDダイレクト入力

CDデッキが製造開始された以降、カセットデッキには、「CDダイレクト入力」が装備されたものが多く発売されました。 なぜ通常のLINE入力と分けているのでしょうか?理由はGX-Z7100の取説から引用し …

消磁

オープンリールやカセットデッキ全盛期には常識でしたが、ユーザーが定期的に行うデッキのメンテナンスとして、「ヘッドとピンチローラーのクリーニング」と「ヘッドの消磁」があります。 前者については以前記事に …

コネクター

家電製品には基板とメカなどのアッセンブリー同士の接続箇所にコネクターが多く使われています。 1970年代頃までは半田付けがメインだったようですが、組み立てや修理時の作業性を考慮した場合、圧倒的にコネク …

アイドラー

カセットデッキには、リールを回転させるための駆動メカとして「アイドラー」が多く用いられています。 この写真の真ん中にあるのがアイドラーで。左右に動いてリールを回転させるのですが、ひとつのリールモーター …

テープパス

「テープパス(Tape Passing)」ってご存知でしょうか?日本語に訳すと「テープの通り道」といったところでしょうか。 カセットテープは、ピンチローラー、テープガイド、消去ヘッド、録音・再生ヘッド …

検索

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM