Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

オーバーホールのすゝめ

投稿日:2017年6月12日 更新日:

今回修理でお預かりした機器は、DTC-A8ですが、他機種と共通しますので、「ワンポイントメモ」に掲載します。

症状は、「再生音がザラつく、ノイズが乗る」というものです。

ヘッドからの信号を点検するとテープパスが狂っています。普通に使用していてテープパスが突然狂うということはほとんどありえません。何か原因があるのでしょう。早速メカの点検を行います。

原因が分かりました。リングギアが固着していました。そのため、リングギアで駆動される可動式のテープガイドが正規の位置まで上がり切っていなかったようです。

このリングギアは、DTC-1000ES,1500ES,2000ES,500ES,300ES,M100,55ES,A8,ZA5ESに採用されており、定評のあるメカニズムなのですが、製造時に塗布されているグリスが固まって完全に固着してしまいます。これまで見てきた機器の8割以上に固着がありました。

特に、500ES,300ES,M100,55ESについては、この固着が原因で樹脂製のギアに過大な力が加わり破損します。そうなると、修理費用も馬鹿になりません。

固着した状態でも正常に再生されることもありますが、いずれにしても大きなトラブルに至りますので、定期的な点検や整備を受けることをお勧めします。

当店ではメカのメンテナンス(消耗品の点検・交換、可動部グリスアップ)は10,000~20,000円でお請けしておりますので、ぜひご検討ください。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

DATデッキのヘッドクリーニング

DATデッキもテープメディアを使用しますから、カセットデッキと同様に定期的なヘッドクリーニングが必要となります。 ヘッドが汚れると、カセットデッキの場合は音がこもりますが、DATデッキの場合は、デジタ …

デッキの故障?

DATデッキをお客様のところに納品した後に発生するトラブルで最も多いのは、長期保管された「古いテープ」の使用によるものです。ここではこれまで私が経験した事例を紹介します。 1 テープに付着した汚れ 長 …

テープが引っかかる原因

先ほどの記事に続きまして、では、なぜテープが引っかかるのでしょうか? もちろん、テープとデッキが完璧である場合は、そういうことはあり得ません。 原因の多くは、「テープのたるみ」です。 DATは、カセッ …

固いテープ

今日はDTC-500ESの修理を行ったのですが、分解整備ののち組み上げて再生はOKとなったのですが、早送りと巻き戻しが動作不良です。 ロータリーエンコーダーの調整、ブレーキパッドの再点検も行いましたが …

テープ走行不良が原因のノイズ

今回はSONY製DATデッキ全機種に関わる記事です。 再生不良ということでDATデッキをお預かりしました。機種はDTC-690です。先日修理したものとは違う機体ですが、ノイズが酷いとのことです。 DT …

検索

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM