Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K222ESA

SONY TC-K222ESA

投稿日:

今日の修理はSONY製カセットデッキ、TC-K222ESAです。

1991年ごろに発売されたESA3姉妹の末っ子ですが、メカニズムは上級機と同じで実力十分のハイコストパフォーマンスデッキです。

依頼のあったデッキはトレイが開きません。この前後のシリーズ共通の不具合です。

従来のモデルの流れを継承した造りとなっています。メカを固定している上下4本のビスを外し、後ろ側に取り出します。フロントパネルを外す必要が無く、メンテナンスにも配慮がなされています。

左側のスプリングなどを外しトレイを取り外します。

ヘッド周りの状態です。ピンチローラーとともに良好です。

前面パネルを外し、左右ピンチローラーと正面に見えるビス4本を外しキャプスタンブロックを分離します。左側のピンチローラーを外した場合はテープパスの調整が必要になります。

キャプスタンモーターの基盤です。

ここの10μFの電解コンデンサー2ケは液漏れしていますので、必ず交換します。交換方法は222ESLの修理日記をご覧ください。基盤を痛めますので絶対に無理はしないでください。

リールモーター等のブロックを分離します。組み立て時に苦労しますので、切り離した後はなるべく余計なところには触れないでください。ここのベルトは加水分解によりフニャフニャになっていますので交換が必要です。かなりの動力が伝わりますので少し小さめのベルトに交換します。

エンコーダーの切り欠きのところを右の写真のように黒いギアにある突起部に差し込みます。

中央部に見えるマイクロスイッチにも注意して元通りに組み立てます。

ヘッドとピンチローラーを専用クリーナーで清掃します。このクリーナーは高価ですが性能は抜群です。

 

メカを元通り収めて、テープ速度やアジマス、録再バランス等の点検調整を行い修理完了です。バイアスキャリブレーションにより原音と変わらぬ再生音です。

 

 

-TC-K222ESA
-, ,

執筆者:

関連記事

TC-K222ESA ドルビー切替SWのメンテナンス

SONYのカセットデッキをお持ちで、ドルビー切替スイッチの感触が悪いという方はいらっしゃいませんか? 具体的な状態としては、スイッチを切り替えた時に、通常は「カチッ」とメリハリのある感触なのですが、そ …

SONY TC-K222ESA

お客様からTC-K222ESAの修理に関するお問い合わせがありました。 トレイ開閉は可能、再生不可とのことです。ちょうど同型機をオークションに出品していたので、それをお勧めしましたが、修理をご希望され …

SONY TC-K222ESA

先日、当店でCT-770を修理されたお客様からSONYのTC-K222ESAの修理依頼をいただきました。 イジェクトボタンを押すと、モーターが2・3秒「ウー」と回転する音が聞こえますが扉は開きません。 …

SONY TC-K222ESA

TC-K222ESAの修理依頼をいただきました。ヘッドが上がらなくなったとのことですが、SONYのESシリーズの定番の故障です。 トレイ開閉はOKですが、 再生ボタンを押しても、かすかなモーター音が聞 …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

検索

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM