Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

ヘッドの汚れ

投稿日:2017年6月23日 更新日:

DATデッキは、テープというメディアを使いますから、長時間使用するとカセットデッキと同様、テープの磁性体やホコリなどによりヘッドの表面に汚れが付着します。

これはメーカーの想定内ですので、クリーニングテープの注意書きに書かれているように、数秒間のクリーニングで解消できます。

ところが、DATも製造から30年を経過したものも少なくなくなっており、オープンリールテープやカセットテープがそうであるように、テープ自体の劣化やホコリやカビなどの汚れにより想定外の悪影響を与えるものが増えてきています。高温多湿の地域ではなおさらです。

特にDATは高速でテープと面しますので、テープの状態には敏感で、一瞬にしてヘッドの表面に大量の汚れが付着し「まったく音が出ない」といった状態になります。

私は、ヘッドの状態は拡大鏡を用いて確認しますが、メーカーが想定していた方法では対処できないほどの汚れが付着していることがあります。

ではどうしたら良いかといいますと、一つ目の方法としてはカセットデッキと同様、直接汚れをふき取ることなのですが、これは一般の方にはお勧めできません。その理由は、ヘッドを破損する可能性が極めて高いからです。DATデッキのヘッドはとても繊細ですので、ノウハウを持っていなければ簡単に破損してしまいます。私もこれまで多くの破損したヘッドを見てきました。

二つ目の方法は、やはりクリーニングテープを使用することです。ただし、クリーニングテープの表面は汚れを削るため荒い仕上げとなっており、やみくもに長時間使用することは避けなければなりません。

ヘッドの表面に付着した汚れのみを除去すればよいのですから、できる限り最短で処理します。「10秒程度クリーニングし、その後再生状態を確認する。」という作業を繰り返すことです。

とはいえ、なかなか個人では判断しかねるでしょうから、迷ったときには専門業者にご相談ください。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

ヘッドの互換性

SONY製のDATデッキは約10年間製造され、その間、7種類(ポータブル機を除く)のヘッドが開発されました。 以下に「ヘッド型番/使用機種」を掲載します。 DOH-01AR/DTC-1000ES(XD …

固いテープ

今日はDTC-500ESの修理を行ったのですが、分解整備ののち組み上げて再生はOKとなったのですが、早送りと巻き戻しが動作不良です。 ロータリーエンコーダーの調整、ブレーキパッドの再点検も行いましたが …

硬化したピンチローラー

DATデッキのメンテナンスを行っているときに、カチカチに固くなったピンチローラーと遭遇するときがあります。その硬さはというと、「ゴム」ではなく、「プラスチック」のようです。 ピンチローラーの硬化により …

ガリ

今日は「ガリ」の話です。ガリといってもボリュームを操作したときに「ガリガリ」と耳障りなノイズが発生する症状のことです。 先日、お客様と電話をしているときに、「SONYの製品はどれもヘッドホンVOLがダ …

コネクター

家電製品には基板とメカなどのアッセンブリー同士の接続箇所にコネクターが多く使われています。 1970年代頃までは半田付けがメインだったようですが、組み立てや修理時の作業性を考慮した場合、圧倒的にコネク …

検索

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM