Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

トレイ開閉の静音化

投稿日:

AKAI、A&DのGX系GX-93・GX-73・GX-Z9000・GX-Z7000・GX-Z9100(EX・EV)・GX-Z700(EX・EV)のデッキには、共通のメカが採用されています。

これまで数百台の修理を行いましたが、シンプルな設計でメンテナンスもし易い大変優れたデッキメカではないかと思います。

しかし、アナログ機器の性格上、いくつかのウィークポイントを抱えており、ゴムベルトの交換など定期的なメンテナンスが必要となります。

そのうちの一つがカムモーターです。

先に掲げた機種にはモーターが3つ搭載されており、ひとつ目はリールモーター、ふたつ目はキャプスタンモーター、そして3つ目はヘッドの上下とトレイ開閉を司るカムモーターです。

これらモーターが致命的な故障に至ることはほとんどありませんが、このカムモーターに関しては、軸受けの劣化により異音の発生を伴います。

その音は「ギーーー」という感じで少し嫌な気分になります。

メーカーもこのことを認識していたようで、最終モデルのEVシリーズではモーターの改良が行われています。

そこで、それ以前のモデルで異音が発生したときは、このモーターに交換するのですが、少し加工が必要です。

サイズはほとんど同じですが、取り付け穴の位置とビスのサイズが微妙に異なります。

そこで、モーターの取り付け部に若干の加工が必要です。穴の拡大(3mm)と取り付けビスの変更、そして長穴加工です。

うまく取り付けることができました。とても静かな動作音になり気分は最高です。

お持ちのデッキの状態は如何でしょうか?

-ワンポイントメモ
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

GX機の可変抵抗器修理

以前にも記事にしましたが、AKAIのGX-93(73)、A&DのGX-Z9000(7000)のウィークポイントにVOL(可変抵抗器)の故障というものがあります。 単なる接触不良であれば、接点に …

GX機のテープガイドはなぜ破損する?

GX機(GX-93,73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100)の故障時に、かなりの確率で破損が発生する箇所があります。それは、タイトルに書いたように「テープガイド」です。 この写真 …

アイドラー

カセットデッキには、リールを回転させるための駆動メカとして「アイドラー」が多く用いられています。 この写真の真ん中にあるのがアイドラーで。左右に動いてリールを回転させるのですが、ひとつのリールモーター …

GX機のカムモーター交換

今月末に4台連続でGX-Z(7100EX、9100EX、9100EX、9100)の修理を行いましたが、いずれもトレイ開閉や動作を切り替えた際の動作音が耳障りなくらい大きくなっていました。 トレイを開け …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(その2)

昨日記事にした、SONYのESシリーズカセットデッキのピンチローラークリーニング法以外にも、簡単かつ特殊な方法がありますのでご紹介します。 不要になったカセットのテープ部分を切断しすべて引き出してしま …

検索

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM