Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

消磁

投稿日:

オープンリールやカセットデッキ全盛期には常識でしたが、ユーザーが定期的に行うデッキのメンテナンスとして、「ヘッドとピンチローラーのクリーニング」と「ヘッドの消磁」があります。

前者については以前記事にしましたので、今日は消磁についてお話しします。

テープメディアは、録音再生に磁力を用います。皆さんも経験があるかと思いますが、磁石と鉄を接触させると、鉄が磁石のようになります。デッキも同様で、繰り返し使用しているうちにヘッド自体が磁力を帯びてしまいます。

そうなるとどういった弊害が起きるかというと、余計な磁力の影響で、特に高域において音質劣化の原因となります。

そのため、使用時間に応じて定期的に専用の器具(イレーサー)を用いて消磁を行わなければなりません。

イレーサーは、オークションなどで出品されていますので、お持ちでない方は入手をお勧めします。

なお、稀に勘違いしている方がいらっしゃいますが、消磁が必要なのは、録音ヘッドと再生ヘッドが独立している3ヘッド機のみで、録再ヘッドが共用の2ヘッド機は、録音時に自動的に消磁されますのでご留意ください。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

メタルテープとテープセレクター

今日はメタルテープとテープセレクターについてお話しします。 カセットテープの種類は、初めは「ノーマル」のみでしたが、音楽用として高音質が求められるようになって、「クロム」「フェリクロム」と新たな素材が …

SONY TC-K〇〇〇ESLの誤作動

SONYのカセットデッキのうち、ESLシリーズの故障で「操作不能」というのがあります。 ひとつはアシストモーターのゴムベルトの劣化による操作不良で、これは、ESLに限らず同じメカを採用している前後モデ …

キャプスタンのワッシャー(GX機他)

今日はGX-93やGX-Z9100などデュアルキャプスタンモデルの整備の話です。 分解するとキャプスタンの背部には回転を安定させるための巨大なフライホイールが取り付けられています。右側の磁石が取り付け …

ヘッドクリーナー S-721H

テープメディアを使用するカセットデッキはシリコンオーディオと異なり、ユーザーにより定期的なメンテナンスが必要になります。 具体的にはヘッドとピンチローラーのクリーニング(ここでは消磁の説明は割愛します …

決して回さないでください。

カセットデッキは「メカ」と「電気回路」を組み合わせた電気製品なのは言うまでもありませんが、ほとんどの機種において、そのいずれも「調整」することが可能なように作られています。 なぜかというと、経年変化や …

検索

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM