Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

へッドの寿命

投稿日:2017年8月16日 更新日:

お客様からDTC-59ESの修理依頼がありました。

突然音が出なくなったとのことです。ヘッドのクリーニングは行ったということですので、機器を送っていただき修理を行うことになりました。

機器が到着後動作確認したところテープ走行は問題ありませんが、確かに音が出ません。

早速測定器を用いてヘッドからの信号をチェックしました。そうすると、2つあるヘッドのうち片方から信号が出ていません。念のため拡大鏡でヘッドチップの状態を目視点検しましたが、汚れや破損はありません。

ということはドラムヘッド内部の故障です。一般的にDATデッキのヘッドの寿命は数万時間と言われていますので、毎日2時間使用しても50年前後は使用できる計算になりますが、個体差や使用環境が原因なのか、極端に寿命が短いものが時たま見受けられます。

ヘッドが故障した場合、新品はもちろんのこと中古品も入手が極めて困難ですので、修理を諦めるかジャンク機を入手してそこから移植するしかありません。

今回修理依頼のあった機種は比較的流通台数も多く、また同型のヘッドは他機種にも広く使用されているので、部品調達では事なきを得ましたが、高級機であるDTC-1500ESや2000ES、ZA5ESなどは流通量も少なくジャンク機の入手も困難ですし比較的高価です。これら機種にヘッドの故障が発生した場合は中古ヘッドの入手ができないことが多く、修理不可、あるいは長期間の修理を強いられます。

こういった状況を避けるためにも、愛機であるメイン機とは別にサブ機を用意して、用途により使い分けるといったことが今後も長く愛機を使用するためには必要ではないかと思います。

ヘッドの互換性は次回の記事に記載します。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

ヘッドの汚れ

DATデッキは、テープというメディアを使いますから、長時間使用するとカセットデッキと同様、テープの磁性体やホコリなどによりヘッドの表面に汚れが付着します。 これはメーカーの想定内ですので、クリーニング …

DTC-57ES(姉妹機)DTC-A7

SONY製DATデッキにはいくつかの姉妹機が存在します。そのひとつがタイトルにも書きましたがDTC-57ESとDTC-A7です。 DTC-57ESは1991年発売、一方のDTC-A7はその約2年後、D …

ローディングしない場合にお試しください(DAT)

一年以上前に当店でDATデッキの修理を行ったお客様からメールをいただきました。 特定のテープを使用すると、テープがセットされた後にローディング動作に移行しないという不具合が発生したということです。同じ …

デッキの故障?

DATデッキをお客様のところに納品した後に発生するトラブルで最も多いのは、長期保管された「古いテープ」の使用によるものです。ここではこれまで私が経験した事例を紹介します。 1 テープに付着した汚れ 長 …

ヘッドクリーニングについて(DAT)

今回、お客様からDATデッキのヘッドクリーニングに関する質問をいただきましたので、この機会に基本的な方法や私なりの考えをこれまでの知識や経験に基づき述べたいと思います。 1 クリーニングの方法 DAT …

検索

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM