Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

ヘッドの互換性

投稿日:2017年8月18日 更新日:

SONY製のDATデッキは約10年間製造され、その間、7種類(ポータブル機を除く)のヘッドが開発されました。

以下に「ヘッド型番/使用機種」を掲載します。

DOH-01AR/DTC-1000ES(XD-001)

DOU-02A/DTC-500ES、DTC-M100

DOU-02D/DTC-300ES DTC-55ES

DOH-11AR/DTC-1500ES

DOU-15A/DTC-2000ES DTC-77ES

DOU-03A/DTC-57ES DTC-59ES DTC-A7 DTC-690 DTC-790 DTC-ZE700

DOU-03D/DTC-A8 DTC-ZA5ES

精密機械であるドラムヘッドは、ドラムを回転させる「モーター部」とテープに録音再生する「ヘッド部」で構成されています。

型番のDOUまたはDOHというのはモーターの形式、数字の頭の「0」は2ヘッド、「1」は4ヘッド、その次の数字はドラムのケーブルの形式で、最後のアルファベットはモーターのケーブルの形式かと思われます。

もちろん同じ型番のヘッドを搭載している機器同士は互換性がありますので、万一ヘッドが故障した場合は、ジャンク機を入手してボルトオンで換装することができます(テープパスの確認が必要です)。

搭載されている機種などから判断しますと、おそらく一番製造台数が多いのは下から2番目のヘッド、一番少ないのはDTC-1500ES用ではないかと思います。

近年、ヘッドの故障した機体を多く見かけるようになりました。中古品も含め、スペアのヘッド確保は今後の重要な課題であると言えます。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

ヘッドクリーニングについて(DAT)

今回、お客様からDATデッキのヘッドクリーニングに関する質問をいただきましたので、この機会に基本的な方法や私なりの考えをこれまでの知識や経験に基づき述べたいと思います。 1 クリーニングの方法 DAT …

硬化したピンチローラー

DATデッキのメンテナンスを行っているときに、カチカチに固くなったピンチローラーと遭遇するときがあります。その硬さはというと、「ゴム」ではなく、「プラスチック」のようです。 ピンチローラーの硬化により …

切れたテープ

先日、故障品のDATデッキを入手しました。トレイを覗くとテープが入ったままです。メカの故障のため取り出すことができなかったようです。 ひととおりのメンテナンスを終え、正常に動作するようになったので、そ …

ローディングしない場合にお試しください(DAT)

一年以上前に当店でDATデッキの修理を行ったお客様からメールをいただきました。 特定のテープを使用すると、テープがセットされた後にローディング動作に移行しないという不具合が発生したということです。同じ …

へッドの寿命

お客様からDTC-59ESの修理依頼がありました。 突然音が出なくなったとのことです。ヘッドのクリーニングは行ったということですので、機器を送っていただき修理を行うことになりました。 機器が到着後動作 …

検索

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM