Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100EV

GX-Z7100EVでの表示不良

投稿日:2017年8月28日 更新日:

当店からGX-Z7100EVを購入されたお客様から不具合が発生した旨の連絡がありました。

表示パネルでテープ種類が時々表示されないとのことです。常時発生しない故障は原因の特定が難しく、修理は非常に厄介です。

写真を送っていただきました。確かに通常は左下に表示されているはずのテープ種表示が消えています。初めて見る故障です。この状態ではキャリブレーションも正常には動作しないとのことですので、単なる表示の不具合ではないことがわかります。早速機器を送っていただきました。

機器が到着した時点では正常に表示されていましたが、修理に取り掛かります。前回、GX-Z7100のメーター表示不良が半田クラックが原因でしたので、今回もまずは基盤を確認することにしました。

ありました。写真は修理後ですが、黒いフラットケーブルの一番端の端子に半田クラックを発見しました。右の写真は裏面ですが、このケーブルは発振基板とプリアンプ基板を接続しています。

回路図を見ると、12Vの電源です。電源部から発振基板に供給された20Vを12Vに降圧してプリアンプ基板に返しています。その12Vの行く先を追うと、IC601に電源を供給していることがわかりました。

ダイアログを見ると、このIC601は、テープセレクターからのONOFFでテープ種別を判断する役割を担っているようです。ここへの電源供給がケーブルの接触不良により断たれて動作不良を引き起こしたというのが今回の故障の理由です。

GX機には例外なく同様のフラットケーブルが使用されており、ウィークポイントの一つといって過言ではありません。

-GX-Z7100EV
-, ,

執筆者:

関連記事

AKAI(A&D)製GXデッキのテープガイドとテープの干渉

今回は、AKAI(A&D)のカセットデッキのうち、GX-93(73)以降のデュアルキャプスタンカセットデッキに関しての記事になります。 具体的な機種としては、上記のほか、GX-Z9000(70 …

A&D GX-Z7100EV

A&Dの3ヘッドカセットデッキ、GX-Z7100EVの修理を行います。 GX機の最終モデルです。 再生はかろうじてできますが、早送りと巻き戻しはNGです。 カバーを開けました。 本体を横に倒す …

A&D GX-Z7100EV

今日はA&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100EVです。 数年前から不調だったということです。 電源を投入すると、モーターの音とともにトレイが開いてしまいます。 一 …

GX機のトレイ開閉

AKAIのGX-93、73、A&DのGX-Z9000、7000、9100、7100、また、それ以外の数機種ではトレイ開閉は同じメカが採用されています。 そこで一番多いトラブルは、「トレイが閉ま …

A&D GX-Z7100EV バックテンション:ゼロ

今回はいつもと毛色の違う修理です。 A&DのGX-Z7100EVですが、「前の音が消えない」「クロムやメタルテープでは録音できない」「キャリブレーション不良」という症状を抱えているということで …

検索

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM