Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

怪現象の正体2

投稿日:

(写真のテープは記事とは関係ありません)

以前のことです。A&DのGX-Z7100EVを納品したお客様から「特定のテープを使用すると走行が突然停止する」「そのテープはほかのデッキでは問題は発生しない」とご連絡をいただきました。

ほかのデッキでは問題ないということはテープに問題があるとも言い切れないので、早速デッキとテープを送っていただきました。

送っていただいたテープは懐かしのSONYの「DUAD」で、フェリクロームという種類のテープです。メタルテープが発売される前は最高性能を誇っていました。

再生してみると確かに停止します。何度やってみても同じです。デッキはというと他のテープでは問題なく動作します。

ということは、やはりテープに問題があるとしか考えられないので、テープをよくよく観察しました。すると、テープの表面がまだら状になっています。何かが付着しているようにも見えます。

試しにコットンにアルコールを浸み込ませテープを拭いてみると、その部分では問題は改善されました。オープンリールのテープではカビが付着したときに同様な方法でクリーニングを行うのですが、カセットテープなので最初から最後までクリーニングするのはなかなか大変な作業です。

それでも10分以上かけて作業を完了し、それ以降はまったく問題なく再生できるようになりました。

今回発生した不具合を自分なりに分析しましたが、おそらく、テープの表面が何らかの理由により変質し、デッキのヘッドに、ちょうどサランラップが食器に貼り付くような感じでブレーキが掛かったのではないかと考えています。

では、なぜほかのデッキでは問題がなかったかということですが、ヘッドの形状、リールの駆動方式(GXはアイドラーですが、ギヤ式のものも多くあります)の違いにより差異が発生したのでしょう。

※上記はあくまでも仮説ですので、同様の現象を経験された方で原因をご存知の方は是非情報提供をお願いします。

-日記
-,

執筆者:

関連記事

ベルト交換時の注意点(SONY製ES、AKAI製GX)

当店では、ご自分でデッキの修理をされる方のために、SONYのESデッキ(ESG以降)と、A&D(AKAI)のGX機(GX-93、73、GXZ-9100、7100等)用のベルトセットをオークショ …

ありません・・・その2

以前DTC-A8の修理を行ったときのことです。 メカを取り出して、中を覗き込んでみると、 ・・・ありません。 デッキの内部を探してみると、ありました。ピンチローラーです。 これが正しい状態です。ピンチ …

SONY製DATデッキのピンチローラー製作 その1

最近DATデッキの修理を行っていて不安に感じることがあります。以前も記事にしましたが、「ピンチローラーの劣化による硬化」です。 ピンチローラーはDATデッキにとっても重要部品でありますが、もはや新品が …

整備済み?の中古品

先日、オークションでGX-93を購入したという方から修理依頼のメールをいただきました。その機器の状態を詳しくお聞きすると、ベルト交換やヘッドアジマス調整等々の整備品ということで落札されたそうですが、い …

テープの鳴き?

GX-Z7100EVの修理を終えて、試運転を行っているときです。「キー」という気に障る音がデッキから聞こえてきます。 オープンリールデッキでは経験したことがありますが、「テープの鳴き」というものがあり …

検索

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM