Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-57ES

SONY DTC-57ES パーツが欠損?

投稿日:

先日、美品のDTC-57ESが2台、下取りで入庫しましたので、早速修理を行いました。

修理を行う際、その個体に修理履歴があるかどうかというのは、ビスの状態、配線の取り回しや結束バンドの有無などでわかります。

DTC-57ES(59ES,ZE700も同様です)は、メカの裏側の基板に不織布でできた黒いテープによりケーブルが固定されています。

写真はそのテープを剥がした後ですが、一旦剥がすと元通りにはなりませんので、ここで修理履歴があるかどうかがわかります。

今回の57ESはテープがガッチリと貼り付けられていたので、修理履歴が無い個体と思い作業を進めていました。

(この写真は、別の機体のものです。)これは、テープを巻き取るリール部ですが、これを取り外すと、

普通はこのように左右ともスプリングが取り付けられています。このスプリングは、リールに抵抗を与えるためのものですが、これが無いと、早送りや巻き戻し時にテープが暴れて巻き込みなどの原因となります。

今回の機体を修理する際、妙にリールの回転が軽い感じがしました。グリスアップするために分解してみると・・・スプリングがありません。両方共です。

修理はジャンク機からパーツを流用して無事完了しましたが、なぜスプリングが無かったのかは謎です。工場で付けるのを忘れたのか、サービスセンターでの修理の際なのか、いずれにしても特殊なテープなのでメーカー関係以外ということは考えにくいです。

一方で、このスプリングは、57ESの早送りや巻き戻し時のフィーリングの悪さと密接な関係があるので、故意に取り外されたということも考えられます。

いろいろ考えましたが、今回、美品の57ESを2台、同じ方から入手しましたが、もうひとつの機体は基板の故障がありました。2台とも珍しい故障です。もしかすると、工場で製造時に行う検査の際に不良品として処分されるはずのものが、何らかの形で保管されていて、それがジャンク機として流通したのかもしれません。真相は・・・永遠に不明でしょうね。

-DTC-57ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-57ES

最も売れたDATデッキと言われているDTC-57ESです。 初代DTC-1000ESから500ES、300ES、55ESなどを経て、この機種から新たに開発されたメカニズムを搭載しています。 「音が出な …

SONY DTC-57ES

久しぶりにDTC-57ESの修理依頼をいただきました。オーナー様のお話では、昔録音したテープを聴こうと十数年ぶりに電源を入れたところ、ディスプレイ表示がなくトレイは開いたもののテープが閉じ込められたと …

SONY DTC-57ES

先日のKX-7030と同じ客様からのご依頼の、SONYのDATデッキ、DTC-57ESです。 長期間放置状態で不調となったということです。 テープの再生はできますが、酷いノイズです。 カバーを開けます …

SONY DTC-57ES

今日はSONYのDATデッキ、DTC-57ESの修理を行います。 際最初は、「録音できない」などの不具合があるというご質問がをいただき、メールでやりとりし修理までには至らずに対応してきたデッキですが、 …

SONY DTC-57ES 電源基板故障

今日は一昨日に続き、SONYのDATデッキの修理を行います。 この機種も多くのウイークポイントを抱えています。 トレイ開閉しますが、ディスプレイが点灯しません。おそらく電源の故障です。 早速カバーを開 …

検索

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM