Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

DATデッキのテープガイド

投稿日:

今日はSONY製DATデッキのテープガイドのお話です。

※誹謗中傷を目的とした閲覧や転載は固くお断りします。

DATデッキの構造上、あるいは整備するうえで重要な役割を担っているのがテープガイドです。写真はDTC-57ESですが、回転ヘッドの下に見える2つのテープガイドは、テープがセットされるとテープをヘッドの位置まで引き出し、ヘッドとテープの位置関係を正確に保ちます。

また、ビデオデッキでいうところのトラッキング調整、DATデッキではテープパス調整と呼びますが、テープガイドの頭を回すことにより、ヘッドに接するテープの位置を微妙に調整することができます。

この写真は、左側がDTC-55ES用、右側がDTC-2000ES用のテープガイドですが、調整を行う場合は、テープガイド頭部を固定している根元の小さなネジを緩めて行います。左右写真の違いは、色と、この小さなネジの頭の形状(左は+、右は-)です。

この型式のもので注意が必要なのは、写真のように簡単にガイド部が外れてしまうことです。私も整備中や輸送中に脱落した経験が何度かあります。これを嫌って接着剤で固定する方もいるようです。

次にまた57ESに戻りますが、少し形状が違うのがわかるかと思います。

分解するとこのようになっていますが、先の55ES等と異なり、ガイドをスプリングの圧縮力を利用して固定しています。これですと、いちいち根元のネジを回さないで良いので調整が楽なんですが、意外な落とし穴が待っています。

それは、調整を行っているうちに、写真で金色に見えるネジ込み部がバカになってしまうことです。焼き付いたように回転が固くなり、遂には調整不可、破損状態に至ります。理由は、スプリングの力がネジ込み部の摩擦力を強め、これにネジ部が負けてしまうためです。

これを防止するためには、一旦写真のように分解し、ネジ込み部に微量のグリスを塗布し、その後に調整を行うことです。

このタイプは、57ESのほか、59ES、A7、790、690、ZE700にも採用されていますので、調整の際には十分留意する必要があります。

※テープパスの調整には専用の用具や測定器が必要です。安易に触れると元に戻せなくなりますのでご注意ください。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

ヘッド換装

SONYのDATデッキ(ポータブルを除く)のヘッドは、2ヘッドと4ヘッドの大きく2種類に分かれていて、さらに2ヘッドについては5種類、4ヘッドは2種類に区分することができます。このことは以前の記事に記 …

テープ走行不良が原因のノイズ

今回はSONY製DATデッキ全機種に関わる記事です。 再生不良ということでDATデッキをお預かりしました。機種はDTC-690です。先日修理したものとは違う機体ですが、ノイズが酷いとのことです。 DT …

SONY製DATの録音操作

SONY製のDATデッキで録音するときの操作についてのメモです。 カセットデッキもそうですが、録音するときに「REC」ボタンを押すと、 写真はDTC-1500ESですが、このように「REC」「PLAY …

SONY製DATデッキのピンチローラー留め具について

SONYのDATデッキをご使用になっているお客様から、「使用中に突然早送りになった」とご連絡をいただくことがありますが、その原因の大半がピンチローラーの脱落です。 SONYのDATデッキのピンチローラ …

ヘッドの汚れ

DATデッキは、テープというメディアを使いますから、長時間使用するとカセットデッキと同様、テープの磁性体やホコリなどによりヘッドの表面に汚れが付着します。 これはメーカーの想定内ですので、クリーニング …

検索

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM