Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-A8

SONY DTC-A8

投稿日:2017年10月4日 更新日:

お客様からDTC-A8の修理依頼がありました。「CAUTION」表示のまま不動とのことです。早速機器を送っていただきました。

電源をONにしたとたん、写真のようになりまったく操作不能です。

筐体を開け、手動でトレイメカのプーリーを回し、閉じ込められているテープを救出します。

テープを取り出す際にピンチローラーが取れてしまいました。樹脂製の留め具が割れたことによるものですが、この機種は特に外れやすい傾向にあります。

ピンチローラーは弾力性を保つため、専用のクリーナーで清掃します。綿棒が結構汚れました。

メカの底部の基板を取り外し、構成ユニットすべての点検を行います。

写真左の右下の白いプーリーは摩擦により「キー」という異音を発生しますので中心軸のグリスアップは必須です。ギヤの欠けが無いか、回転部はスムーズか、などチェックします。ゴムベルトは伸びきっていますので要交換です。

リングギヤのこの箇所はほとんどが固着しています。半田ごてで温めながらCRCを塗布し慎重に固着を解消します。古いグリスはすべて拭き取り、新たにグリスアップします。

キャプスタンモーターに問題はありませんでした。

続いて2DDのリールメカです。リールを回転させると、かすかに「カサカサ」と音がします。

ブレーキパッドが剥がれそうになっています。おそらく一度リール部に固着したのでしょう。補修が必要です。

内部電池は電圧が降下していますので新品に交換します。最後にテープパスの点検、VOLガリ修正などを行い修理完了です。

動作良好です。以上標準的な分解整備で費用は15000円です。

 

 

-DTC-A8
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-A8

SONYの業務仕様のDATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。 「CAUTION]表示が出て再生できないということでしたが、 当店で動作確認したときは、一応再生可でしたが、おそらくベルト劣 …

ヘッド故障の理由

今回、DTC-ZA5ESのヘッド故障機を2台連続してお預かりしました。DTC-ZA5ESは比較的新しい機種ですが単なる偶然でしょうか?私は日頃DTC-1000ESを愛用していますが、これまでDTC-1 …

SONY DTC-A8 ディスプレイ不点灯

今日はSONYのDATデッキDTC-A8の修理です。 トレイ開閉はOKですが、ディスプレイが点灯しません。おそらく電源部に問題を抱えているものと思われます。 電源部の大型の電解コンデンサーを触ると、左 …

SONY DTC-A8

SONYの業務用DATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。 トレイが開かないということです。 リッドが曲がっています。引っ掛かって開かないのでしょうか? カバーを開けて手動でトレイOPEN …

SONY DTC-A8

本日の修理はSONY製のDATデッキDTC-A8です。 レコーディングスタジオなど業務用での使用を前提に開発されたモデルで、民生用のDTC-ZA5ESをベースにINPUT端子の増設が行われているほかフ …

検索

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM