Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-300ES DTC-500ES DTC-55ES

DTC-55ESほか「長期不使用時は注意」

投稿日:

DATデッキに限らず、メカを有するデッキが故障する原因のひとつに「グリス硬化による固着」があります。揮発性の低いグリスも10年、20年と経つうちに次第に硬化します。もともとは滑らかな動作のために塗布しているものが皮肉にも逆効果となってしまいます。

それでもメカの固着で動きが悪いとき、あるいは動かなくなったときは、普通はその部分のメンテナンスで復旧しますが、そうでない場合もあります。

これは、DTC-55ESなどに使用されている樹脂製のギアですが、ご覧のとおり歯が欠けています。こうなる原因は、このギアと組み合わさっている鋼製ギアが固着し、その状態で無理にモーターの力が加わるためです。

まだメーカーの保守期間であれば部品を取り寄せて交換すれば良い話ですが、今となっては、他の機器から流用するしかありませんので修理も厄介ですし費用も嵩みます。

デッキを毎日使用していると、動きが悪くなってくるので事前に察知することができますが、長期間不使用の状態でいきなりテープを再生しようとすると、すでに固まってしまったギアのため、突然昇天します。

ですから、私は不動品の上記デッキは、動作確認しないで修理を行います。動作確認中にギアを壊しては元も子もありませんからね。

大切な愛機は定期的メンテナンスを行わないと痛い目に遭いますのでご注意を。

※DTC-55ESのほか、DTC-500ES、DTC-M100、DTC-300ESも同じメカを採用しています。また、DTC-2000ESなども同様の樹脂製ギアを使用していますが、ゴムベルトで動力を伝達しているため破損には至りません。

-DTC-300ES, DTC-500ES, DTC-55ES
-, , , ,

執筆者:

関連記事

DTC-55ES オーダーメード販売

今日は当店のネットショップでSONYのDTC-55ESのご注文をいただきましたが、その前にお客様から「タクトスィッチの劣化が気になる」とのご相談がありました。 当店で販売している機器はメンテナンス済み …

DTC-55ES 早送り巻き戻し後の再生不良

今日はDTC-55ESの修理を行いましたが、SONYのDATデッキをお持ちでこんな不具合が起きているという方はいらっしゃらないでしょうか? 早送りや巻き戻し後に再生ボタンを押すと、 「再生できるが最初 …

DTC-55ES 周期的なノイズ混入

今回は愛機DTC-55ESの修理の話です。これは私が一番最初に購入したDATデッキですが、最近はラックの端に押しのけられて、すっかり出番が少なくなっていました。 今日久しぶりに使用したところ、なぜか波 …

重力を実感

今日はDTC-55ESの修理を行いました。この機種もメカ部のいろいろなところをメンテナンスしないとキチンと動作しません。 ひととおりメカの整備を終えて試運転を行いました。テープパスに若干の狂いが見られ …

SONY DTC-55ES

本日はDTC-55ESの修理です。 LONGモードでの録音ができないという故障です。再生はできるということですので、おそらく基板の故障と思われます。試しに録音してみましたが、スタンバイ状態でも数秒で停 …

検索

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM