Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

ブレーキパッド(カセットデッキ編)

投稿日:2017年11月7日 更新日:

今日はブレーキパッドの話です。もちろん車のブレーキのことではありません。テープデッキは回転部分を有していますので、慣性で回り続けるリールなどを急停止させたり、テープ走行を安定させるためにブレーキ機構を有しています。ところが、このブレーキパッドに起因する故障は意外と多いとことをご存知でしょうか?

今日はまず、カセットデッキの左側リールに付けられているブレーキパッドについて記事にします。このパッドは、再生時にテープに対してバックテンションを与えてテープ走行を安定させる役割を担っています。このパッドに一番多く発生するのが「脱落」です。ほとんどのパッドが両面テープで貼り付けられていますが、経年劣化により粘着力が弱くなり、所定の位置からずれてしまったり、脱落してしまいます。

この場合の症状としては、バックテンションが無くなることによりテープが進行方向と垂直方向に振れてしまい、「音のこもり」や、最悪の場合はテープガイドから脱線してテープがしわくちゃになります。パッドが外れやすいのはAKAI(A&D)のデッキですが、不具合が発生しやすいのはSONYです。

もうひとつ多い不具合が「硬化」です。ブレーキパッドはフェルトでできていますが、長期間ブレーキとして使用されているうちに表面が硬くなります。そうすると、パッドとリールの当たり面の摩擦力が大きくなり、必要以上のバックテンションがテープに掛かります。これはAKAI(A&D)のデッキに多く発生しますが、テープの終わりごろに音が揺れだします。ピアノの楽曲を聴いているとすべてビブラートが掛かっているように聞こえます。

上記の症状が発生した場合はまずパッドの点検を行うことをお勧めします。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

決して回さないでください。

カセットデッキは「メカ」と「電気回路」を組み合わせた電気製品なのは言うまでもありませんが、ほとんどの機種において、そのいずれも「調整」することが可能なように作られています。 なぜかというと、経年変化や …

カセットテープのサイズ

カセットテープは、テープのグレード(Normal,Crom,Metal)や製造メーカーの違いで特性がかなり異なりますので、修理後の動作チェックを行う際には、数種類のテープを用いて行うことにしています。 …

ガリ

今日は「ガリ」の話です。ガリといってもボリュームを操作したときに「ガリガリ」と耳障りなノイズが発生する症状のことです。 先日、お客様と電話をしているときに、「SONYの製品はどれもヘッドホンVOLがダ …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(その2)

昨日記事にした、SONYのESシリーズカセットデッキのピンチローラークリーニング法以外にも、簡単かつ特殊な方法がありますのでご紹介します。 不要になったカセットのテープ部分を切断しすべて引き出してしま …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法

SONYのESG以降のカセットデッキは、左側ピンチローラーの汚れや劣化によるテープ走行の乱れが問題となることが少なくありません。 具体的な現象としては、テープを再生していると、突然「ミリミリ」という音 …

検索

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM