Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

テープ走行不良が原因のノイズ

投稿日:2017年11月17日 更新日:

今回はSONY製DATデッキ全機種に関わる記事です。

再生不良ということでDATデッキをお預かりしました。機種はDTC-690です。先日修理したものとは違う機体ですが、ノイズが酷いとのことです。

DTC-57ESあたりの機種ではRFアンプの基板実装型電解コンデンサーの劣化が原因でノイズが発生することはありますが、DTC-690ではそういった話は聞いたことはありません。

再生してみると、確かに頻繁に「ザー」といったデジタルノイズが再生音に混じります。そこで、ヘッドからの信号を見てみると、不定期に波打ちが起きています。これはテープ走行が不安定なときに見られる状態です。

メカの状態を覗いてみると、ピンチローラーが異常に光っています。ピンチローラーというのは、キャプスタンの回転を確実にテープに伝達する役割を担っており、テープ走行において非常に重要なパーツです。

どうやらピンチローラーの表面が経年変化により硬化し、テープがスリップしていることがノイズの原因のようです。表面を軽く研磨し、専用クリーナーS-721Hでクリーニングし、ノイズは発生しなくなりました。

SONY製のDATは、同社のカセットデッキのものと比べて、ピンチローラーの硬化が進行しやすいように感じます。材質が異なるのかはわかりませんが、定期的にメンテナンスを行うことがトラブル防止のためには必要です。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

操作ボタンの誤作動

先日、SONYのカセットデッキの修理を終え、点検を行ったときのことです。 再生ボタンを押すと一時停止状態になり、 巻き戻しボタンを押すと早送りになってしまいます。 これは、スイッチの接触不良が原因です …

テープが引っかかる原因

先ほどの記事に続きまして、では、なぜテープが引っかかるのでしょうか? もちろん、テープとデッキが完璧である場合は、そういうことはあり得ません。 原因の多くは、「テープのたるみ」です。 DATは、カセッ …

固いテープ

今日はDTC-500ESの修理を行ったのですが、分解整備ののち組み上げて再生はOKとなったのですが、早送りと巻き戻しが動作不良です。 ロータリーエンコーダーの調整、ブレーキパッドの再点検も行いましたが …

DATデッキのテープガイド

今日はSONY製DATデッキのテープガイドのお話です。 ※誹謗中傷を目的とした閲覧や転載は固くお断りします。 DATデッキの構造上、あるいは整備するうえで重要な役割を担っているのがテープガイドです。写 …

スポンジ製ヘッドクリーナー

先日修理依頼をいただいたDTC-77ESですが、テープ走行音が耳障りです。この場合に考えられるのは、「ヘッドの回転音」と「ヘッドとテープの擦れ音」のいずれかです。 ヘッドの回転音は、ヘッドの軸受け部分 …

検索

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM