Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9000

A&D GX-Z9000

投稿日:2017年11月21日 更新日:

A&DのGX-Z9000の修理依頼をいただきました。

症状は、「テープが入らず、入っても取り出し不可」「再生時、コトコト音が気になる」とのことです。

機器が到着しました。トレイが開かないためテープが閉じ込められています。これを無理やり開けようとすると、テープガイドやトレイ蓋の破損に繋がります。無理は禁物です。

カバーを開けて、メカを固定している上下のビスを外し、メカを少し前にずらします。これでトレイ蓋を外すことができます。

メカを取り出しました。左側のテープガイドが引っかかってトレイが開きません。

右側のピンチローラーアームが固着していることが原因のようです。ピンチローラーを指で押し下げて、テープを救出しました。なんと「Metal Master」です。持つとずっしりと重いのがわかります。

長期間テープが閉じ込められていたせいか、カセットを固定する樹脂製ダンパーがかなり変形しています。これではカセットハーフが不安定になり音質も安定しません。

加熱し整形します。

つづいて不具合のあるピンチローラーとヘッド周りの整備に移ります。この右側のピンチローラーアームの動きが重くなっています。

可動部には古いグリスが固着しています。すべて除去し再グリスを施します。

ピンチローラーも専用クリーナー「S-721H」でメンテナンスします。「スベスベ」から「しっとり」に変わります。

左側リールのブレーキパッドに不具合はありません。

左右リールを駆動するアイドラーには段差ができています。これが「コトコト音」の原因と思われます。もちろん新品(代替品)に交換です。

続いてメカの背面に移ります。

フライホイールはベルトの当たり面を清掃します。

キャプスタンベルト、カムモーターベルト共に状態は悪くはありませんでしたが、折角の機会ですので新品に交換します。国内の製造業者に特注したベルトです。

酸化しているオートテープセレクターの検出SWの接点をクリーニングします。

元通りに組み立て、本体に取り付けし動作チェックを行います。良好です。

テープ速度はクオーツロックですので問題はありません。

アジマスを調整します。この後、録再調整に入った時点で若干不具合が確認されました。入力バランスがメーター読みでひとコマほど狂っています。このままでは、バランスVOLが常に傾いた状態となってしまいます。

そこで、メイン基板を外し、

INPUTの33kの抵抗を100kの半固定抵抗に交換し、バランスを取ります。

バッチリ合いました。

最後にケーブル類を元通りに束ねます。

修理完了です。動作音質ともに良好です。GX機の不調でお悩みの方は当店にご相談ください。

-GX-Z9000
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9000

今日はA&DのGX-Z9000の修理依頼をいただきました。 左側ピンチローラーアームの固着、そして、右側キャプスタンにテープが絡まり取り出せない状況です。電源をONにすると、トレイが開こうとし …

GX-93の異母兄弟

AKAIが製造販売したカセットデッキのうち、代表的な名機といえば、GX-93がまず挙げられるでしょう。 薄型のデザインを取り入れ、クローズドループ・ダブルキャプスタン、クォーツロック、スーパーGXヘッ …

A&D GX-Z9000

本日の修理はA&D社製GX-Z9000です。 不具合は、トレイが閉まり切らないというものです。 この症状は、この機種に限らず、同様のメカを搭載しているGX系、GX-Z系すべてに共通し長期保管品 …

GX-Z9000半田クラック

A&D社製の3ヘッドカセットデッキGX-Z9000のデッキメカ修理を終え、試運転を行った際のことです。 左CHの入力がありません。このときの原因は大きく3つ考えられます。一つ目は「VOLの接触 …

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

検索

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM