Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-93 GX-Z7000 GX-Z9000

GX-Z9000半田クラック

投稿日:2017年12月3日 更新日:

A&D社製の3ヘッドカセットデッキGX-Z9000のデッキメカ修理を終え、試運転を行った際のことです。

左CHの入力がありません。このときの原因は大きく3つ考えられます。一つ目は「VOLの接触不良」、これは接点復活剤で復活します。二つ目は「VOLの故障」、これはボリューム(LEVELまたはBALANCE)の交換しかありません。三つめは「入力端子の接触不良」で、経年により発生した半田クラックの修正が必要です。

また、不具合はまだあり、カムモーターが動作するトレイ開閉時やヘッドが上下する再生時などに「プチッ」とノイズが混じります。

いずれにしてもメイン基板を取り外す必要がありますが、入力の不具合は「VOLの故障」の可能性が高く、部品が調達できるか不安が脳裏をよぎります。

基板を取り外し、テスターで点検を進めます。幸いにもVOLは正常です。ということは半田クラックでしょうか?

発見しました。右の写真中央の端子が浮いているのがわかると思います。プラグを抜き差しする際に大変力が加わる場所で、どこのメーカーでもそうですが、繰り返し行うと不具合が発生します。ただ、普通の半田クラックは、パーツの端子と基板の間に発生しますが、この場合は半田部は正常で、基板のプリント部が基板から浮いています。ということは、普通に再半田してもダメです。

写真は撮り忘れましたが、不具合が起きている端子と正常な端子間をバイパス接続し修理を行いました。また、よくよく見ると、出力側のアース端子も同様の状況になっていました。このアース不良が「プチッ」とノイズが混じる原因です。ここも含めすべての入出力端子を補強し、無事修理完了です。

最近、半田クラックによる故障が増えています。ちょっとした振動や応力も時間をかけて繰り返し加わると、疲労破壊を起こすようです。GX機の不調でお悩みの方は当店までご相談ください。

 

-GX-93, GX-Z7000, GX-Z9000
-, , , ,

執筆者:

関連記事

AKAI GX-93

以前DATデッキの関係でお取引のあったお客様からAKAIのGX-93の修理依頼をいただきました。 希少なシャンパンゴールド色です。 とりあえず動作はしますが、カムモーターが唸りっぱなしです。 カバーを …

A&D GX-Z7000

本日はA&Dの3ヘッドカセットデッキ、GX-Z7000の修理です。症状は、「テープ走行の不具合」「曲間のノイズ」ということですが、時折正常に動作はするとのことです。ベルトのスリップが原因でしょ …

A&D GX-Z7000

本日の修理は、A&DのGX-Z7000です。 AKAIがダイヤトーンと合併し、GX-73がリニューアル発売されたのがGX-Z7000です。 中身は99%同じですが、唯一違う点は、アウトプットが …

AKAI GX-93

AKAIのGX-93の修理依頼をいただきました。 希少なシャンパンゴールドモデルです。おそらくGX-93の総生産台数の数パーセント程度しかないのではないでしょうか。「精悍なブラックモデル」に対する「エ …

A&D GX-Z9000 dbx基板コネクタ不良

GXZ9000のメカのメンテナンスを終え、録再チェックを行ったときのことです。 入力をSOURCEにするとメーターも振れ、出力も正常ですが、 dbxをONにして録音を開始し再生モニターを行うと、右CH …

検索

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM