Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-A8 DTC-ZA5ES

ヘッド故障の理由

投稿日:2017年12月11日 更新日:

今回、DTC-ZA5ESのヘッド故障機を2台連続してお預かりしました。DTC-ZA5ESは比較的新しい機種ですが単なる偶然でしょうか?私は日頃DTC-1000ESを愛用していますが、これまでDTC-1000ESでヘッド故障というのはほとんど記憶にありません。

壊れやすいヘッドということも考えられますが、先日修理をしていて一点気づいたことがあります。

DATデッキは、カセットを挿入すると可動式のテープガイドがカセットからテープをドラムヘッドまで引き出します。SONY製のデッキは通常、そのときにヘッドが数秒間回転し、テープが完全にローディングされると回転が停止します。そして再生や早送りなどの操作を行うと再度回転しだします。

ところが、DTC-ZA5ESは、カセットが挿入されている間は、テープ走行に関係なく常にヘッドが回転しています。もしかすると、このことがヘッドの寿命と関係があるのかもしれません。

DATは、テープとヘッドチップの間に空気層があって直接触れていないという話を聞いたことがありますが、これが本当かどうかは別として、ヘッドの使用(回転)時間と寿命は密接な関係にあることは間違いないと思います。

ということは、DTC-ZA5ES(兄弟機のDTC-A8も同様です。)は、使用していないときはまめに電源を切ることが寿命を延ばすためには特に重要ということになります。

常にヘッドが回転しているという理由は、DTC-A8が業務用の使用を想定して開発されたため、再生時のレスポンスを速めるために敢えてそうしているのかもしれませんが、長寿命との兼ね合いは難しいですね。

-DTC-A8, DTC-ZA5ES
-, , ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-ZA5ES

SONYのDATデッキ、DTC-ZA5ESの修理依頼をいただきました。 新品購入後、特に問題なく動作していたということですが、「トレイが勝手に閉まる」という症状がでるようになり、その後、テープ走行不可 …

SONY DTC-A8 動作不良

今日はDTC-A8の修理を行いました。 不具合の状況ですが、再生はするものの、テープ挿入後のローディングの動作が極端にゆっくりというものです。通常の2倍くらいの時間がかかります。モードベルトが劣化して …

SONY DTC-ZA5ES

2週間ほど前にPIONEER D-05の修理依頼をいただいたお客様から今度はDTC-ZA5ESとPCM-7030の修理依頼をいただきました。 PCM-7030は後ほど記事にすることとして、今回はDTC …

SONY DTC-ZA5ES

続いて、3台まとめて修理依頼をいただいたうちの2台目、SONYのDATデッキ、DTC-ZA5ESです。 電源を投入すると、リールモーター?の回転音が鳴り響き、3秒ほどで「CAUTION」となってしまい …

SONY DTC-ZA5ES ピンチローラー脱落

少し前に当店で電源の修理を行ったDTC-ZA5ES(そのときの修理状況は以下記事をご覧ください。)ですが、 SONY DTC-ZA5ES ディスプレイ不点灯 お客様にお届けした時点で、「音が出ない」「 …

検索

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM