Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-93 GX-R65CX GX-R70 GX-R70EX GX-Z5000 GX-Z7000 GX-Z7100 GX-Z7100EV GX-Z9000 GX-Z9100 GX-Z9100EV GX-Z9100EX

GX機トレイ補修

投稿日:2017年12月18日 更新日:

AKAI、A&DのカセットデッキでGX-93、73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100のカセットホルダー(トレイ)は、構造がほぼ同一です。

この箇所で一番多い故障は、モードベルト劣化によりトレイが開きっぱなしになるというものと、ピンチローラーが上がり切った状態でアームが固着してカセットが取り出せないというものです。

後者の場合で、無理やりトレイを開けようとすると、プラスチック製のパーツが破損します。左右テープガイド、トレイ蓋の爪、そして、今回補修するトレイのガイドピンです。

左は正常のもの、右は破損したものです。剪断力が加わる場所なので接着剤は使えません。用意するものは、3mmのビスとドリルです。

折れた部分に穴を開けて3mmのビスを取り付けます。穴を開けるためにドリルを使用しますが、中心がずれないように、先の尖ったキリで力を入れて真ん中に凹みを作ります。

初めに1.5mm程度の細いドリルで垂直に穴を開けます。貫通しますので当て板を敷きます。

うまく中心に穴が開きました。

続いて2.5mmのドリル刃で穴を拡大します。3mmのドリル刃ではダメです。

3mmのビスをねじ込んで完成です。ビスの頭はそのままでも動作に支障はありませんが、気になるという方は、この状態(ネジ山ができた状態)から一旦ビスを取り外し、頭を切断後、ねじ込むのが良いと思います。最初から頭を切断するとねじ込むのが大変です。

昨今、新品の部品はもちろんのこと、中古パーツの入手も困難な状況ですので、こういった工夫が必要になります。当店では経験に基づいたさまざまなノウハウを持っていますので、GX機の故障でお困りの方は是非ご相談ください。

-GX-93, GX-R65CX, GX-R70, GX-R70EX, GX-Z5000, GX-Z7000, GX-Z7100, GX-Z7100EV, GX-Z9000, GX-Z9100, GX-Z9100EV, GX-Z9100EX
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z7100

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z7100です。 オーナー様のお話では20年以上前に故障し、そのままの状態だったということです。 電源を入れると、モーターが回転する大 …

A&D GX-Z9100

A&Dの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、GX-Z9100の修理を行います。 10年ほど前に不調となったため、そのまま保管していたということです。今回は、当店の「リフレッシュメニュー …

A&D GX-Z9100EV トレイのガタツキ修正、キャプスタン交換

昨年当店で、基板等の修理を行ったGX-Z9100EVですが、録音再生状況が不安定になったということです。 同じテープでもキャリブレーションが不規則に変化します。また、特に録音時に顕著ですが、音質やレベ …

A&D GX-Z7100EV

「調子が悪い」GX-Z7100EVのメンテナンス依頼をいただきました。 まずは動作状況を確認します。 テープ走行、再生は一応しますが、回転しているリールのトルクがかなり弱くなっています。また、早送り巻 …

A&D GX-Z9100EV テープ再生出力不良

A&DのGX-Z9100EVの修理依頼をいただきました。 知人から譲り受けて、ご自分でベルト交換等されたものの、再生音が出ないということです。 録音済みのテープをセットして再生しても確かに音が …

検索

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM