Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

アイドラー

投稿日:2018年1月4日 更新日:

カセットデッキには、リールを回転させるための駆動メカとして「アイドラー」が多く用いられています。

この写真の真ん中にあるのがアイドラーで。左右に動いてリールを回転させるのですが、ひとつのリールモーターで再生や早送り、巻き戻しなどを行うための優れたメカで、ギヤで駆動するタイプやアイドラゴムで駆動するタイプがあります。

左はA&DのGX-Zシリーズのもの、右はSONYのTC-Kシリーズに採用されているものです。A&Dはアイドラゴム、SONYはギヤタイプとなっています。

A&Dのものは、このようにスプリングが使用されていて、SONYのものは、裏側に板バネが使用されており、回転方向に摩擦力を与えています。なぜかといいますと、この摩擦力によって、自らが振り子のように動いて左右のリールに移動しモーターの動力を伝達する仕組みになっています。

指で回してみると結構抵抗を感じますが、それが標準ですので、分解したときに回転が重いからと言って潤滑剤なんか吹き付けてはダメですよ!

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

GX-Z機のバイアス調整?

以前こんなことがありました。GX-Z7100を納品したお客様から「バイアス調整が故障している」との連絡がありました。 よくよく話を聞くと、「バイアスキャリブレーションの際に、バイアスのツマミを右回りに …

グリップとスリップ

カセットデッキにおいて、テープを巻き取るリールを回転させるメカニズムは、SONYのTC-K555ESLなどに多く採用されているギヤ式のアイドラーと、 A&DのGX-Z9000、9100に採用さ …

ゴムベルトの話

カセットデッキの最大の弱点は「ゴムベルト」です。私の知る限りゴムベルトを使用していないデッキはほとんどありません。 皆さんご存じのとおりゴムは劣化して性質が変化します。そしてこの変化もゴムの種類によっ …

DATデッキのブレーキ不良

DATデッキを使用していて、早送りや巻き戻し後に再生ボタンを押したときに、数秒間音が出ないということはありませんか? この症状が出たときは、左右リールに装備されているブレーキパッドの摩耗が起きています …

SONY製ESデッキのピンチローラー

SONYのESG以降のカセットデッキのピンチローラーは、 この写真のように、左右違うタイプのものが使用されています。サイズはもちろんのこと、理由はわかりませんが、ローラーのコア(芯)に使用されている材 …

検索

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM