Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-2000ES

SONY DTC-2000ES

投稿日:2018年1月14日 更新日:

先日に引き続きDTC-2000ESの修理依頼をいただきました。

「テープの取り出しができない」「再生、巻き戻し、早送りはできる」という状態ということです。

前回修理した機器と同様、RFシグナル測定用の端子が増設されていましたので、修理履歴はあるようですが、スポンジ製のヘッドクリーナーは付いたままです。このまま放置しておくとヘッド表面が侵されてしまいますのでクリーナーは撤去します。

メカを取り出して、手動でトレイを開けて閉じ込められていたテープを取り出します。

故障の原因はここを見てわかりました。左側の可動式テープガイドの停止位置が異常です。完全に戻り切っていません。これは、リングギヤが固着しているために起きる状態で、そのためイジェクトボタンを押してもトレイが開きません。

トレイベルトです。硬化して変形しているだけではなく、横方向に無数の亀裂が見られますので交換します。

メカを分解し構成ユニットの点検を行います。

今回の故障の原因はここです。左側の写真の状態で固着するとテープガイドが完全に戻らなくなります。固着しているグリスは標準の茶色のものではなく透明状のものでしたので、以前修理した際に塗布されたものと思われます。再グリスは必要最小限に留めます。

リングギアを駆動するベルトも交換します。元通りに組み立てていきます。

リールメカになりますが、ここも重要です。ブレーキパッドの貼り付きや摩耗が無いか、ブレーキが効くかどうかチェックします。

仮組して動作点検を行います。

ひととおり動作チェックを行いました。動作音質良好です。SONYのDATデッキ不調でお悩みの方は当店にご相談ください。

※誹謗中傷を目的とした閲覧や無断転載を禁じます。

-DTC-2000ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-2000ES

本日はDTC-2000ESです。先日のDTC-1500ESに続き2回続けて超弩級マシンの修理です。 DTC-1500ESの硬派なイメージに対し、このDTC-2000ESには「上品」「洗練」というソフト …

SONY DTC-2000ES

※誹謗中傷を目的とした閲覧や他サイトへの引用は固くお断りします。 先日に引き続き、DTC-2000ESの修理依頼がありました。 依頼内容は、「左側表示パネルの不具合」「マスターVOLのガリ修正」それと …

ヘッドの破損

今日は保管している機材の点検を行いました。 すると、目につきにくいところにDTC-77ESの故障品が置き去りにされていました。おそらく数年前にジャンク品として入手したものの、そのまま修理せずに放置して …

SONY DTC-2000ES

本日はDTC-2000ESの修理ですが、訳があって2回に分けて掲載することになります。理由は後ほど。 故障の状況としては、「左側表示パネルの暴走」「音が出ない」ということです。暴走は操作スイッチの劣化 …

SONY DTC-2000ES

先日に引き続き、SONYのDATデッキDTC-2000ESです。 「操作ボタンでは動作しない」ということで、地元の修理店に修理依頼したところ「部品が無い」と断られたということです。 イジェクトボタンを …

検索

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM