Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-1000ES

DTC-1000ES デジタルボード故障

投稿日:2018年5月18日 更新日:

今日はオークションでジャンク品として入手したDTC-1000ESの修理を行いました。

通常、DTC-1000ESのジャンク品は、メカ部の「固着」「樹脂製ギヤの割れ」「ベルトの伸び」により動作しません。

しかし、今回の機体は、メカ部はすでにメンテナンス済みでした。それでも一応、ベルト交換や可動部のグリスアップなど、ひととおり通常のメンテナンスを終え、まずは音出し確認というところで不具合が発見されました。テープ走行は正常なのですが、メーターは不規則に振れ、それと同時に接続したスピーカーから「ボソッ、ボソッ」と変な音が出るのみです。

ここでまず考えられるのは、「ヘッドの不具合」です。破損は無いか、信号は正常かどうか確認を行います。結果、ヘッドチップの状態は拡大鏡で確認しましたが異常はありません。ただし、RFシグナルが安定していません。

RFシグナルが安定しない理由で考えられるのは「テープ走行系の不具合」です。メカあるいはコントロール基板に故障があるのでしょうか?

ここは原因の切り分けを行う必要があるので、自分用の1000ESと「メカ」「コントロール基板」をスワップして確かめます。

ところがいずれも正常でした。次にアナログ基板を疑いましたが、デジタルOUTでも同様の不具合が出ていましたので、アナログ基板ではありません。

ということは・・・

デジタル基板です。ヘッドの信号はここでデジタル処理された後にアナログ回路にバトンタッチします。試しにここを交換してみます。

ここの基板は上下2層になっていますので、両方とも交換します。部品取り用のXD-001からの移植です。

治りました。ここの故障は初めて経験しました。基板のどこが故障したのかはまだ確認していませんが、時間のあるときに検証することにします。

-DTC-1000ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-1000ES

本日の修理はSONYの記念すべきDAT1号機であるDTC-1000ESです。 電源を投入し、テープをトレイに載せCLOSEボタンを押すとテープは吸い込まれますが、それ以降動作しません。カバーを開けて修 …

DTC-1000ESの弱点

  【誹謗中傷を目的とした閲覧や転載は固くお断りします。】 カセットデッキやDATデッキに限らず、家電製品にはそれぞれ故障しやすい箇所、ウィークポイントを抱えています。 強度不足や経年劣化が …

SONY DTC-1000ES

今日はSONYのDTC-1000ESです。テープを挿入したまま不動となったとのことです。 早速点検しましょう。 ・・・動作します。中にテープが閉じ込められていました。ということは接触不良の可能性が高い …

SONY DTC-1000ES 再修理

3週間ほど前に修理を終えたDTC-1000ESですが、再度修理前と同じ症状が発生したとのご連絡をいただきました。 症状は「テープがイジェクトできない」とのことですが、前回修理では、私が受け取ったときに …

DTC-1000ES 押しボタンがグラグラ

私が愛用しているDTC-1000ESですが、かなり以前から、イジェクトボタンがグラついていて操作フィーリングが今一つでした。 それでもトレイ開閉には困っていなかったので、そのまま放置していましたが、今 …

検索

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM