Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

f-300

TEAC f-300

投稿日:2018年5月28日 更新日:

先日のSC-77に引き続き、愛機f-300のメンテナンスを行います。

 

このデッキは、デザインが気に入り、ジャンク機として格安で入手したものですが、ラックの一番上に据え付けてあって、この2年ほどはまったく出番がありませんでした。

テープをセットして、いざ再生と思いきや、テープ走行不可です。再生も早送りもすべて動作しません。何が起きたのでしょうか?

1モーターのシンプルなメカです。普及機ですから電源その他もかなり簡略化されています。

メカを覗き込むと・・・?ありません。

ありました。キャプスタンベルトが切れて下に落ちていました。このデッキのメカは、モーターからこのベルトでキャプスタンを回転させ、そこからリールに動力を伝達する仕組みになっていますので、このベルトが切れるとまったく動作しなくなります。

メカは上下4本のビスで固定されていますが、何かが引っかかって取り出せませんので、フロントパネルを外しました。

メカは本体から分離できましたが、ケーブルがたくさん半田接続されていて取り出すことができません。そのため、メカを下向きにして、この状態で作業することにしました。ベルトを交換するためには、バックパネルを外さなければなりません。

バックパネルにはモーターとスイッチ類が取り付けられています。折角の機会ですので、接点の清掃も行います。下の丸い銀色の物体がキャプスタンのフライホイールです。これとモーターのプーリーがベルトで繋がります。

フライホイールから細いベルトでリールメカを駆動しています。ここもメンテナンスします。

ベルトは硬化が進んでいますので交換します。キャプスタンベルト(平ベルト)もこのベルト(角ベルト)も周長は約20cmです。

プラスチックのプーリーを外すとアイドラーにアクセスできます。特殊なサイズですので、表面を研磨後に専用クリーナーで処理しました。

組み立てました。動作良好です。

ベルトを交換しましたのでテープ速度の調整を行い、ヘッドアジマスの点検等を行い修理完了です。このデッキも修理不能になるまで使用し続けます。

-f-300
-, ,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM