Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESG TC-K333ESL TC-K555ESG

SONY TC-K333ESL

投稿日:2018年6月4日 更新日:

このブログ初登場のTC-K333ESLです。といっても今回は修理記事ではありません。

ESG以降のSONY製カセットデッキは、ESL、ESAとモデルチェンジが頻繁に行われましたが、内容としてはマイナーチェンジに近いものがあり、メカや回路などの基本的な部分は同じになっています。

ただし、マイナーチェンジでも不思議に思うところがあります。

それはこのオーディオボードです。部品の配置など見た目は旧モデルのESGとほとんど見分けがつかないのですが、着目すべき点は、ESG(222ESGは除く)で採用されていた「ELNA製オーディオ用電解コンデンサーDUOREXⅡ」が使用されておらず、その代わりに「ニチコン製オーディオ用標準品AVF」が使用されています。

ESLシリーズは、1989年に発売されたESGシリーズの後継機として、1990年、つまり1年後に発売されていますが、ご存じのとおり、ESGシリーズに採用されている「DUOREXⅡ」は、製造ロットの関係からか、液漏れが発生しやすいという欠陥を抱えています。そのため、デッキのメンテナンスに際してはこのコンデンサーの交換は必須作業となっています。

しかし、たった1年後に発売されたESLシリーズで、あえてコンデンサーの種類を変更したということは、使用後間もなく不具合が多発したのでしょうか?

当店でこれまで見てきたESGはほとんどが液漏れしたコンデンサーがそのままの状態ですので、所有者は購入後まったくその状態に気づかずに使用されてきたのでしょうから、たった1年で不具合が判明したとは考えにくく、製造メーカーにおいて何らかの大人の事情があったのではないかと推測されます。

30年も前の話ですから、今となっては知る由もありませんが、細かいところを観察するといろいろと不思議なところが見つかります。

-TC-K333ESG, TC-K333ESL, TC-K555ESG
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ESG

SONYのフラッグシップモデル、TC-K555ESGです。 久しぶりに使用しょうとしたところ、動作不良となっていたということです。 トレイ開閉はOKですが、それ以外は動作不可です。 カバーを開けます。 …

SONY TC-K333ESL

昨日のTC-KA5ESと同じお客様がお持ちのTC-K333ESLです。 電源を入れましたが、様子が変です。 カセットハウジングのランプは点灯していますが、カウンター、メーターが点灯しません。操作ボタン …

TC-K333ESG オーディオ回路の電解コンデンサー交換

TC-K333ESGの電解コンデンサー交換の依頼をいただきました。 SONYのESシリーズのデッキのうち、333ESGと555ESGについては、オーディオ回路の電解コンデンサーの液漏れ問題が数多く報告 …

TC-K555ESG 走行停止の原因

TC-K555ESGの整備を終えて、試運転を行いましたが、 再生を開始しても1、2秒でテープ走行が停止します。キャプスタンも回転していますし、リールも一瞬ですが回転しますので、メカ自体の問題では無いよ …

SONY TC-K333ESL

今日はSONYの3ヘッドデッキTC-K333ESLの修理です。 トレイ開閉はOKですが、 それ以外は、内部でモーター音がかすかに響くのみで、まったく動作しません。今回は当店の「リフレッシュメニュー」を …

検索

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM