Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

SONY DTC-A8

投稿日:

今日は不動品として入手したDTC-A8の修理を行いました。

メカをひととおりメンテナンスして試運転を行いましたが、音が出ません。ヘッドの汚れかと思い、拡大鏡で点検しましたが、汚れはありません。

そこで、ヘッドからの信号を確認すると、2つあるヘッドのうち、片側の信号に異状があることがわかりました。その波形は、以前も見たことがありますが、ヘッドが汚れているときのものではなく、ヘッドに電気的な故障が起きたときのものです。

この故障は修理できません。どうしようか考えましたが、保管庫に外装に比較的大きなダメージを受けているA8がありましたので、それとヘッドを換装することにしました。

これで無事修理を終えることができましたが、ヘッドの提供元のA8はどうしましょうか?このヘッドは、A8とZA5ES共通のものですが、ヘッドだけ入手することはほぼ不可能です。修理を行うとすれば、ヘッドはモーター部とドラム部に分離できますので、共通のドラムを有し、かつ安価である57ES、59ES、A7、790、690、ZE700の超ジャンク機を入手してドラムのみ移植するということが現実的でしょうか。

そのほかの活用方法としては、A8は表示パネル(これもZA5ESと共通です)の輝度が低下することがありますので、こういった故障に備えて部品取りとして保管するかのいずれかです。

開き直ってしまえば、こういう故障が無いと、なかなか必要な部品のストックが増えませんので、今回は諦めて必要な部品だけ取り出して保管することにしました。少し残念ですが、そのうちドナーとして役立つときが来ると期待しています。

-日記
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z5000 入力不良

以前から何回かお取引いただいているお客様から、A&DのGX-Z5000の修理依頼をいただきました。 不具合の状況ですが、片チャンネルの入力不良ということです。 早速機器を接続し動作確認を行いま …

クリーニング(その2)

今回はテープデッキを良好に維持するために非常に大切なヘッドとピンチローラーのクリーニングのお話です。 以前にも記事にしましたが、クリーナーには「乾式」と「湿式」の2種類があります。「乾式」というのは、 …

電解コンデンサーの寿命

電化製品には沢山の電子部品が使用されています。最近の製品では集積化が行われ部品の点数自体は少なくなりましたが、それでも数百から数千ものパーツにより構成されています。 電子部品には、トランジスタ、抵抗、 …

SONY CDP-302ES ベルト交換

先日のTC-K777ESに引き続き、今日も私の所有するデッキのメンテナンスです。 CDプレイヤーになりますが、SONYのCDP-302ESです。10年ほど前にカセットデッキをオークションで落札したとき …

テープの鳴き?

GX-Z7100EVの修理を終えて、試運転を行っているときです。「キー」という気に障る音がデッキから聞こえてきます。 オープンリールデッキでは経験したことがありますが、「テープの鳴き」というものがあり …

検索

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM