Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

消去不良

投稿日:

A&DのGX-Z7000の修理を終え、テープ走行系の調整後に録再調整を行ったときのことです。

録音モニターで聞こえてくるのは、現在録音している音楽と、おそらく元々録音されていた音楽がミックスされた音です。

そこで、RECVOLを絞り込むと、やはり、元の音が籠って聞こえてきます。故障でしょうか?

「クロストーク」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?録再ヘッドが前後に位置ずれしているときに、裏面に録音している音が逆回しで聞こえてくるというものですが、今回は、逆回しではありません。では、消去ヘッドがズレているかというと、

これは、ヘッドブロックの写真ですが、録再ヘッドはアジマスや傾き、高さが調整できる構造になっていますが、消去ヘッドは固定式です。ですから、元の音が消去できないということは、消去ヘッドが機能していないということになります。

これまでこのヘッドは100例以上診てきましたが、初めての経験です。基板の故障でしょうか?ちょうどジャンクのGX-Z7000が手元にありましたので、早速このヘッドブロックごと換装しました。

治りました。消去ヘッドの故障でした。ヘッドの故障率は1%未満と思われますが、GX-Zも発売から30年が経過していますので、これから増えていくのでしょうね。ヘッドなどの重要パーツ確保は喫緊の課題です。

GX機の修理は当店にお任せください。

-日記
-, ,

執筆者:

関連記事

テープトラブル(DAT)

maxellのDATテープをテープエンドから巻き戻ししようとしたところ、「キュイーン」という音と共にテープ走行が停止しました。 テープを取り出してみると、リーダーテープのところで切れていました。久しぶ …

テープ縦方向のシワ

カセットデッキの整備を終え、最後の録再調整を行っていました。ところが、ほとんど完了したと思ったところで、 突然、左右バランスに異状が現れました。 デッキには触れていませんでしたので、テープを取り出して …

錆を落とします

当店で取り扱いしているデッキは古いものでは製造後40年も経過し、特に外装の状態は傷や汚れなどにより人間の顔と同じくらい多様で個性的になってきています。それでも保管環境によっては新品同様の輝きを保ってい …

SONY製DATデッキのピンチローラー製作 その2

前回は残念ながら失敗に終わったピンチローラー製作ですが、今回は通常のゴムホースで試作しました。 内径が5mm、外径が7mmのフッ素ゴムホースです。1メートルで約1500円でシリコンゴムの約10倍の価格 …

修理の3パターン

「修理(整備)」と言っても、その内容と費用はピンからキリまでありますが、敢えていくつかに分類しなければならないとすると、大きく3つに分けられると思います。 まず一つ目①は、「故障個所のみの修理」、いわ …

検索

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM