Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

SONY製DATの傾斜ブロック

投稿日:

DATデッキは、テープをセットすると、カセットハーフからテープが引き出されて回転ヘッドに接するという仕組みとなっています。ヘッドが動いてテープに接するカセットデッキとはまったく異なり、ビデオデッキに近いシステムとなっています。

写真はテープがローディングされた状態のものですが、テープを引き出すのは回転ヘッドの両側に見える可動式のテープガイドです。

この可動式テープガイドは、SONYの場合、2種類に分けられます。そのうち写真に写っているタイプには構造上の欠陥があることが知られています。

このタイプは。1000ES、500ES、300ES、55ES、M100、2000ES、1500ES、77ES、A8、ZA5ESに使用されていて、複数のパーツにより構成されていますが、圧入で組まれている箇所が2か所あり、その2か所の片側、あるいは両側が脱落するという故障が稀に見られます。

ネジロック剤を少量塗布することによりこの故障は回避できますが、メーカーでもこの欠陥は承知していたようです。

先日2000ESの修理依頼をいただいたときに、以前メーカーサービスで修理を行った際の内訳書を見せていただきました。元々は、ベルトスリップが原因の故障でしたが、その修理内訳書を見ると、「傾斜ブロック交換(2ケ)」いう記載もありました。

「傾斜ブロック」というのは、写真に写っている銀色のパーツを指しますが、これを交換したということは、その時点でメーカーが欠陥のことを知っていたものと思われます。自動車でいうと製造上の欠陥ですからリコール対応でメーカー負担での修理になるのですが、その内訳ではお客様負担で修理を行っています。

メーカーが費用を負担すると「欠陥品」といううわさが流れ収集がつかなくなるので、表沙汰にしないで通常の故障扱いとしたのでしょうね。

上記機種をお持ちの方は是非一度点検を行うことをお勧めします。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

DATデッキのテープガイド

今日はSONY製DATデッキのテープガイドのお話です。 ※誹謗中傷を目的とした閲覧や転載は固くお断りします。 DATデッキの構造上、あるいは整備するうえで重要な役割を担っているのがテープガイドです。写 …

ヘッドの互換性

SONY製のDATデッキは約10年間製造され、その間、7種類(ポータブル機を除く)のヘッドが開発されました。 以下に「ヘッド型番/使用機種」を掲載します。 DOH-01AR/DTC-1000ES(XD …

ロータリーエンコーダー

SONYのDATデッキの修理を行う上で避けられない故障の一つにロータリーエンコーダーのギア割れがあります。 機種名でいうと、DTC-1000ES,500ES,300ES,M100、55ESに採用されて …

DTC-ZA5ES(姉妹機)DTC-A8

今日は先日に引き続き、SONY製DATデッキの姉妹機をご紹介します。タイトルにありますように、DTC-ZA5ESとDTC-A8です。 DTC-ZA5ESは1995年発売、一方のDTC-A8も同時期に発 …

SONY製DATデッキのピンチローラー留め具について

SONYのDATデッキをご使用になっているお客様から、「使用中に突然早送りになった」とご連絡をいただくことがありますが、その原因の大半がピンチローラーの脱落です。 SONYのDATデッキのピンチローラ …

検索

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM