Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-55ES

DTC-55ES RFアンプ故障?

投稿日:2018年9月6日 更新日:

DTC-55ES、先日の続きです。メカの組み立てを終えて、メカを仮配線して試運転しましたが、

さっぱり音が出ません。ヘッドクリーニングを行っても一向に改善の兆しは見られません。これはヘッドの故障かと半分諦め気分でしたが、念のためRFアンプの信号をチェックすることにしました。そうすると、通常のヘッド故障とは異なる異常な信号が出力されていることがわかりました。

RFアンプの故障が疑われますが、RFアンプの故障と言えば、DTC-57ES、59ES、77ES辺りの専売特許で、55ESではこれまで不具合は見たことがありません。

開けてビックリです。ケミコンが交換されています。これはこれでそれほど問題ではありませんが、なぜ故障したのでしょうか?

原因が判明しました。このケミコンの半田が取れています。修理しても良いのですが、なんとなく気持ちが悪いので、手持ちのRFアンプと交換することにしました。

音出し成功です。他の方が修理した機器は想定外のことが起きますので難しいですね。

-DTC-55ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-55ES

今日は久しぶりのDTC-55ESの修理です。 この機種は、SONYのDATデッキの修理において、一筋縄では行かないかなり手ごわい相手です。うまく動作させるまでには、いろいろなポイントを押さえる必要があ …

DTC-55ES 一旦返品、ところが・・・

先日ヘッド交換等の修理を終えたDTC-55ESですが、納品まもなくお客様から機器が不調とのご連絡がありました。 「自己録音、自己再生は正常」「他のデッキで録音したテープが激しいノイズ、ドロップアウトが …

SONY DTC-55ES

今日の修理はSONY製DATデッキ、DTC-55ESです。 それまでご法度とされていたデジタルコピーがSCMSで解禁となった記念すべきモデルです。 私も一番最初に買ったDATデッキなので、個人的には非 …

DTC-55ESほか「長期不使用時は注意」

DATデッキに限らず、メカを有するデッキが故障する原因のひとつに「グリス硬化による固着」があります。揮発性の低いグリスも10年、20年と経つうちに次第に硬化します。もともとは滑らかな動作のために塗布し …

SONY DTC-55ES

本日はDTC-55ESの修理です。 LONGモードでの録音ができないという故障です。再生はできるということですので、おそらく基板の故障と思われます。試しに録音してみましたが、スタンバイ状態でも数秒で停 …

検索

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM