Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-55ES

DTC-55ES 一旦返品、ところが・・・

投稿日:

先日ヘッド交換等の修理を終えたDTC-55ESですが、納品まもなくお客様から機器が不調とのご連絡がありました。

「自己録音、自己再生は正常」「他のデッキで録音したテープが激しいノイズ、ドロップアウトが出てほぼ全て再生不良」「修理に出す前は再生できていたテープも正常に音が出ない」とのことです。

今回の不具合で注目すべきは、自己録再はOKということです。ということは、ヘッドや基板の不具合ではなく、テープパスのズレが疑われます。修理後の点検ではまったく問題はありませんでしたので、輸送中に何かトラブルが起きたのでしょうか?

数日経ってデッキが到着しましたので、早速点検です。お客様が他のデッキで録音したテープも一緒にお送りいただきました。

ところが、再生してみると、私が所有するテープ、送っていただいたテープ共に正常に再生できます。ヘッドからの信号も問題はありません。

これは謎ですが、ひとつだけ考えられることがあります。

これはメカの上から覗いた写真ですが、白い円筒状のパーツはテープガイドです。中央部の2本が移動してテープをヘッドまで送ります。以前も記事にしましたが、この部分は接着や捻じ込みではなく圧入になっています。

この写真はジャンク機から取り出したテープガイドですが、右写真のようにガイド部を分離することができるのですが、製造時の微妙な誤差により圧入が弱い場合に振動で脱落することがあります。以前一度だけですが、修理機がお客様のところに届いたときには完全に脱落していたということもありました。

今回の不具合は、同じように圧入が弱くなった状態でトラック等の振動が加わり、テープガイドがずれた(テープパスが狂った)状態でお客様のところに到着し再生不良が発生したものと思われます。そして、返送の際に再度振動が加わり元の位置に戻ったのでしょう。

このままでは、再度同じことが起きる可能性がありますので、抜け止めとして圧入部にネジロック剤を塗布しました。

長くやっているといろいろなことが起きるものですね。

-DTC-55ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-55ES

DTC-55ESの修理依頼をいただきました。 不具合の状況ですが、「自己録音して再生すると、激しいノイズが出る」「他のデッキで録音したテープは再生可能であるものの、僅かにノイズが出る」ということです。 …

SONY DTC-55ES

今日は久しぶりのDTC-55ESの修理です。 この機種は、SONYのDATデッキの修理において、一筋縄では行かないかなり手ごわい相手です。うまく動作させるまでには、いろいろなポイントを押さえる必要があ …

DTC-55ES リングギヤ変形

最近DATネタが少なくなってきたので、今日は2か月ほど前に札幌の方からいただいたDTC-55ESの整備を行いました。樹脂製ギヤの割れやメカの固着もなく、ロータリーエンコーダーのギヤも割れにくい対策品に …

SONY DTC-55ES

本日はDTC-55ESの修理です。 LONGモードでの録音ができないという故障です。再生はできるということですので、おそらく基板の故障と思われます。試しに録音してみましたが、スタンバイ状態でも数秒で停 …

音が変?

DTC-55ESのワンポイントメモです。 フロントパネルを外す作業を行った後に、ヘッドフォン出力からの音が明らかに変になることがあります。音に厚みがなく、ボーカルが遠くに聞こえるような感じです。 原因 …

検索

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM