Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-55ES

DTC-55ES 周期的なノイズ混入

投稿日:

今回は愛機DTC-55ESの修理の話です。これは私が一番最初に購入したDATデッキですが、最近はラックの端に押しのけられて、すっかり出番が少なくなっていました。

今日久しぶりに使用したところ、なぜか波打つように周期的にノイズが混入します。ノイズ混入の原因はいろいろと考えられるのですが、まずはヘッドからの信号を確認するため早速オシロスコープを接続しました。

ところが、オシロを接続したとたん、ノイズはピタリと止まり、ヘッドからの信号はもちろん異状は見られません。しかし、オシロを外すとまたさっきのようにノイズが混じります。

オシロの接続の有無で状態が変化するということは、電気的なトラブルです。ここは手っ取り早く問題の切り分けを行うため、修理待ちの別の55ESに愛機のメカを搭載してみました。結果はというと、やはり不調です。最初はメイン基板を疑いましたが、メカ周りに問題があるようです。

オシロの接続に影響を受けそうな箇所といえば、RFアンプですが、55ESでRFアンプの故障というのあまり聞いたことがありません。しかし、念のため中の状態を確認してみることにしました。

半田付けされているカバーを外して実装型電解コンデンサーの状態を点検します。22μFが2ケあります。

端子が変色しています。液漏れが起きているようです。早速新品のコンデンサーに交換し、テープを再生してみます。

今度はオシロを接続しなくてもノイズが混入することはありません。

オシロの接続と不具合との関連性ですが、はっきりした説明はできませんが、液漏れした電解コンデンサーの容量低下分をオシロを接続することによりそれが補われ、一時的に正常な状態に復旧したものと考えています。

55ESでRFアンプの故障とは今回初めて経験しましたが、発売から約30年が経過しようとしていますので、あちこちにガタがきてもおかしくはないですね。

-DTC-55ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-55ES ヘッド固着

久しぶりにDTC-55ESの修理です。 キズのほとんど無い美品です。この機種と500ES、300ESは、メカがほぼ同じですが、長期間不使用の状態でテープをセットすると、「ギギギギギギ」といってメカが壊 …

SONY DTC-55ES

今日はDTC-55ESの修理です。 早送りすると数秒で停止するという不具合を抱えていますが、何度か繰り返すと症状は無くなります。再生は正常です。 操作しているうちに改善されるということは接触不良が原因 …

SONY DTC-55ES

今日の修理はSONY製DATデッキ、DTC-55ESです。 それまでご法度とされていたデジタルコピーがSCMSで解禁となった記念すべきモデルです。 私も一番最初に買ったDATデッキなので、個人的には非 …

音が変?

DTC-55ESのワンポイントメモです。 フロントパネルを外す作業を行った後に、ヘッドフォン出力からの音が明らかに変になることがあります。音に厚みがなく、ボーカルが遠くに聞こえるような感じです。 原因 …

DTC-55ES RFアンプ故障?

DTC-55ES、先日の続きです。メカの組み立てを終えて、メカを仮配線して試運転しましたが、 さっぱり音が出ません。ヘッドクリーニングを行っても一向に改善の兆しは見られません。これはヘッドの故障かと半 …

検索

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM