Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-FX606R

SONY TC-FX606R(続き)

投稿日:

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

数日前に修理を終えてオーナー様に返送したTC-FX606Rですが、「リバース側の音がこもっている」とご連絡をいただきました。

ヘッドアジマスは調整済み、音質についても再生テストを行っていますが、何が原因でしょうか?

早速機器をお送りいただきました。最初にSONYのメタルテープで再生確認を行いましたが、音のこもりは感じられません。そこで、何種類か違うテープを再生してみると、確かにオーナー様がお話されたとおり明らかにリバース側の音質がこもるテープがありました。

このデッキはヘッドがテープの進行方向に合わせ180度回転するタイプです。フォワード側は問題が起きていませんので、電気回路の不具合ということはありません。ということは、ヘッドの回転機構に何かトラブルが起きたものと考えられます。

ヘッド周りを観察します。左写真はリバース時、右はフォワードです。リバース時にヘッドがわずかに右側に傾いているのがわかるでしょうか?

ヘッドを触ると、ぐらつきが生じています。回転ヘッドですので、多少のぐらつきはあるのが普通ですが、再生時に傾いてしまってはテープとのタッチが変化し音質に影響します。おそらく回転部分の摩耗などにより傾きが生じたものと思われます。

試しに再生時に先の細いドライバーでヘッドを左側に押し付けると、高域がアップしました。このヘッドには、左右、上下の調整ネジがヘッド横についていますが、ぐらつきによる修正はできません。

それでも、数種類のテープでは音質の差異はほとんどありませんでしたので、その理由を考えてみました。

カセットテープには、ヘッドの当たる位置の裏側に、写真のような金属製の板バネとフェルトが取り付けられており、これでテープをヘッドに押し付けて密着度を高めています。

これは仮説にすぎませんが、この板バネの強さやフェルトの弾力性の違いによりテープとヘッドのタッチの差が発生し、ヘッドがわずかに傾いても密着度が低下しないテープが存在したものと考えています。

このことをオーナー様に説明しご理解を得られましたので、もう1・2日程度様子を見てオーナー様のもとにお届けします。

-TC-FX606R
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-FX606R

今回は非常に珍しいカセットデッキの修理依頼をいただきました。 この写真を見て機種名が分る方は、相当のオーディオ通ではないでしょうか。SONYが今から35年前の1983年に発売した「TC-FX606R」 …

SONY TC-FX606R

久しぶりにTC-FX606Rの修理依頼をいただきました。 テープ走行しないということです。 スライド式のトレイ開閉はOKです。 メカを取り出します。ケーブルがジャングルのようになっています。 メカ向か …

検索

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM