Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-ZA5ES

SONY DTC-ZA5ES

投稿日:

先月カセットデッキの修理依頼をいただいたお客様から今度はDATデッキの修理依頼をいただきました。SONYのDTC-ZA5ESです。

症状は、「一応再生はできるが、音飛び、ノイズが発生する。」「一部のテープでは再生が途中止まる、巻き戻しができなくなる場合がある。」ということです。

デッキが到着しましたが、開梱して持ち上げたときに中から「カランコロン」と音が聞こえました。

「もしや?」と思い、トレイを開けて中を覗き込んでみると、予想通りピンチローラーが脱落しています。

ちょうどメカの下にピンチローラーが潜り込んでいました。これが今回の故障の原因かというと違います。なぜなら、ピンチローラーが脱落すると再生はできないからです。おそらく、元々留め具が割れて外れそうになった状態で輸送中の振動により脱落したものと思われます。

とりあえず、これを戻して再生状態を確認することにしました。ところがやはり音飛びが発生します。リールの回転も不規則です。

ピンチローラーのゴムが劣化して固くなりテープが滑ったことが音飛びの原因です。硬くなったゴムを改善することはできませんので、交換することにします。

これでとりあえずは正常に動作するようになりましたが、せっかくの機会ですので、オーナー様との協議によりメカのメンテナンスも併せて行うこととなりました。

まずはトレイベルトを交換します。

トレイの可動部にシリコングリスを塗布します。

メカを構成しているユニットを取り外し点検を進めます。

グリス硬化によるトラブルが多発するリングギヤですが、固着はありません。

このグリスが次第に固まり動作不良を起こします。

丁寧に除去しシリコングリスを塗布します。はみ出したグリスは拭き取ります。

モードベルトも交換します。リングギヤとこのベルトの状態から判断して、過去に一度はメンテナンスを受けていると思われます。

2DDリールメカです。ブレーキは効いているようですが、パッドの状態はどうでしょうか?

良好です。

元通りに組み付けていきます。

本体に取り付けてまずは音出しです。OKです。

テープパス(テープとヘッドの当たり具合)を点検します。問題ありません。

各モードでの録再状態を確認し修理完了です。

-DTC-ZA5ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-ZA5ES

SONYのDATデッキ、DTC-ZA5ESの修理依頼をいただきました。 再生不可ということです。今回は全体的なメンテナンスも併せてご依頼をいただきました。 カセットをセットして再生を開始すると、一瞬音 …

2DDリールメカ動作不良

SONYのDATデッキDTC-A8の修理を終え、動作テストを行いました。 再生しましたが、すぐ停止してしまいました。 テープを取り出すとこんな状態で出てきました。再度テープをローディングしてリールの回 …

SONY DTC-ZA5ES

2週間ほど前にPIONEER D-05の修理依頼をいただいたお客様から今度はDTC-ZA5ESとPCM-7030の修理依頼をいただきました。 PCM-7030は後ほど記事にすることとして、今回はDTC …

SONY DTC-ZA5ES ピンチローラー脱落

少し前に当店で電源の修理を行ったDTC-ZA5ES(そのときの修理状況は以下記事をご覧ください。)ですが、 SONY DTC-ZA5ES ディスプレイ不点灯 お客様にお届けした時点で、「音が出ない」「 …

SONY DTC-ZA5ES

今日はDTC-ZA5ESの修理です。長期間不使用の間に不動品となりテープを挿入すると「CAUTION」表示となるということです。 テープを挿入するとモーターの動作音は聞こえますがやはり再生できません。 …

検索

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM