Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

CT-880

CT-880 録音不可

投稿日:

今日も珍しいデッキの修理です。PIONEERのオートリバース3ヘッドカセットデッキCT-880です。

このモデルは最上級のCT-980の弟分にあたり、一部機能が省かれてはいるものの、メカと回路はまったく同一です。

今回修理を行ったのは、電源がONになるほかはまったく動作しない完全ジャンク品でしたが、メカはこれまで何度か修理を経験していますので、ベルト交換やグリスアップなどを行い、リバース動作も含めとりあえず再生できるまでに至りました。

ところが、アジマス調整も終えて録音しようとしたところ、RECボタンを押してもまったく反応はありません。バイアスを自動で調整する「AUTO BLE」は動作しますので、録音回路などの故障ではありません。

それでも何度かボタンを押していると、十数回に一度程度は反応することがわかりました。どうやらRECボタンの接触不良が原因のようです。せっかくパネルまで取り付けたのに手戻り発生です。

フロントパネルを再度取り外しました。この基板を外さなければSWの交換はできないようです。はじめはどうやって取り外すのかわかりませんでしたが、この白いコネクタでメイン基板と接続されていることがわかりました。

ビスを3本外し、内側から押し付けてやるとコネクタが外れました。

後は交換するだけです。以前修理不可となったCT-980からパーツを移植します。

治りました。

ここでCT-980との違いを比較してみます。まず、メーター(左がCT-880)のセグメント数が異なります。また、カウンターがアナログ方式になっていて、リールの回転をゴムベルトで伝達しカウンターを駆動しています。

外見はこんな感じです。もちろん左がCT-880です。

CT-980(右)は、使用するテープの録音可能時間をセットし、カウンターと連動する機能が搭載されています。

カウンターとメーターの表示が異なるのみで、音質はというと、「リボンセンダストヘッド+AUTO BLE」の威力で、やはり繊細な音質です。

-CT-880
-, ,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM