Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-55ES

SONY DTC-55ES RFアンプ故障

投稿日:2019年2月27日 更新日:

かなり前のことですが、ジャンク機として入手したDTC-55ESの修理を行いましたが、その時はヘッドの故障が見つかったため、そのまま倉庫に放置していました。

先日、たまたま中古ヘッドを入手することができたので、倉庫からその機体を引っ張り出して換装することにしました。ところが再生してみると、時折ノイズが混じります。クリーニングテープでも解消されません。そこでヘッドの信号を点検することにしました。

これを見てわかる方はかなりのDAT通です。ヘッドから信号は出ていますが、2つのうち片方だけです。最初はヘッドが酷く汚れているのかと思い、クリーニングテープをかけたり、アルコールで直接清掃したりしましたが一向に回復する気配はありません。「せっかく入手したヘッドも故障していたのか・・・」と落ち込みましたが、倉庫に再び戻す前に、念のためRFアンプをほかのものと交換することにしました。

RFアンプ故障と言えばDTC-57ESや59ESあたりでは珍しくないのですが、55ESではこれまで経験したことはありません。

意外や意外、あっさりと治りました。RFアンプが故障していたようです。

取り外したRFアンプを分解しました。実装型電解コンデンサーは22μFが2ケ取り付けられていますが液漏れは見られません。試しにこれを新品に交換してみましたが、やはり復活はしませんでした。ということは、ほかのチップ型のパーツにトラブルが起きたということになり手が出ませんのでこのRFアンプは廃棄処分することにしました。

「ここには故障が無いだろう」という思い込みで修理に時間を無駄に費やしてしまいました。反省です。

-DTC-55ES
-, ,

執筆者:

関連記事

DTC-55ES リングギヤ変形

最近DATネタが少なくなってきたので、今日は2か月ほど前に札幌の方からいただいたDTC-55ESの整備を行いました。樹脂製ギヤの割れやメカの固着もなく、ロータリーエンコーダーのギヤも割れにくい対策品に …

DTC-55ES RFアンプ故障?

DTC-55ES、先日の続きです。メカの組み立てを終えて、メカを仮配線して試運転しましたが、 さっぱり音が出ません。ヘッドクリーニングを行っても一向に改善の兆しは見られません。これはヘッドの故障かと半 …

SONY DTC-55ES

今日は久しぶりのDTC-55ESの修理です。 この機種は、SONYのDATデッキの修理において、一筋縄では行かないかなり手ごわい相手です。うまく動作させるまでには、いろいろなポイントを押さえる必要があ …

音が変?

DTC-55ESのワンポイントメモです。 フロントパネルを外す作業を行った後に、ヘッドフォン出力からの音が明らかに変になることがあります。音に厚みがなく、ボーカルが遠くに聞こえるような感じです。 原因 …

SONY DTC-55ES

今日の修理はSONY製DATデッキ、DTC-55ESです。 それまでご法度とされていたデジタルコピーがSCMSで解禁となった記念すべきモデルです。 私も一番最初に買ったDATデッキなので、個人的には非 …

検索

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM