Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-55ES

SONY DTC-55ES RFアンプ故障

投稿日:2019年2月27日 更新日:

かなり前のことですが、ジャンク機として入手したDTC-55ESの修理を行いましたが、その時はヘッドの故障が見つかったため、そのまま倉庫に放置していました。

先日、たまたま中古ヘッドを入手することができたので、倉庫からその機体を引っ張り出して換装することにしました。ところが再生してみると、時折ノイズが混じります。クリーニングテープでも解消されません。そこでヘッドの信号を点検することにしました。

これを見てわかる方はかなりのDAT通です。ヘッドから信号は出ていますが、2つのうち片方だけです。最初はヘッドが酷く汚れているのかと思い、クリーニングテープをかけたり、アルコールで直接清掃したりしましたが一向に回復する気配はありません。「せっかく入手したヘッドも故障していたのか・・・」と落ち込みましたが、倉庫に再び戻す前に、念のためRFアンプをほかのものと交換することにしました。

RFアンプ故障と言えばDTC-57ESや59ESあたりでは珍しくないのですが、55ESではこれまで経験したことはありません。

意外や意外、あっさりと治りました。RFアンプが故障していたようです。

取り外したRFアンプを分解しました。実装型電解コンデンサーは22μFが2ケ取り付けられていますが液漏れは見られません。試しにこれを新品に交換してみましたが、やはり復活はしませんでした。ということは、ほかのチップ型のパーツにトラブルが起きたということになり手が出ませんのでこのRFアンプは廃棄処分することにしました。

「ここには故障が無いだろう」という思い込みで修理に時間を無駄に費やしてしまいました。反省です。

-DTC-55ES
-, ,

執筆者:

関連記事

DTC-55ES オーダーメード販売

今日は当店のネットショップでSONYのDTC-55ESのご注文をいただきましたが、その前にお客様から「タクトスィッチの劣化が気になる」とのご相談がありました。 当店で販売している機器はメンテナンス済み …

DTC-55ES 早送り巻き戻し後の再生不良

今日はDTC-55ESの修理を行いましたが、SONYのDATデッキをお持ちでこんな不具合が起きているという方はいらっしゃらないでしょうか? 早送りや巻き戻し後に再生ボタンを押すと、 「再生できるが最初 …

DTC-55ESほか「長期不使用時は注意」

DATデッキに限らず、メカを有するデッキが故障する原因のひとつに「グリス硬化による固着」があります。揮発性の低いグリスも10年、20年と経つうちに次第に硬化します。もともとは滑らかな動作のために塗布し …

SONY DTC-55ES

今日は久しぶりのDTC-55ESの修理です。 この機種は、SONYのDATデッキの修理において、一筋縄では行かないかなり手ごわい相手です。うまく動作させるまでには、いろいろなポイントを押さえる必要があ …

SONY DTC-55ES

DTC-55ESの修理依頼をいただきました。 不具合の状況ですが、「自己録音して再生すると、激しいノイズが出る」「他のデッキで録音したテープは再生可能であるものの、僅かにノイズが出る」ということです。 …

検索

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM