Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V631

VICTOR TD-V631

投稿日:

昨日のDTC-ZE700とオーナー様が同一のTD-V631です。

3ヘッドデュアルキャプスタンの高性能機です。

再生は正常ですが、早送り・巻き戻しができないという、このシリーズ特有の故障です。

テープを再生したときに少し速度が遅く感じましたので機器を接続して測定しました。315Hzであるべきところ1%強遅くなっています。このデッキで最近録音したテープがある場合のことが気になったので、オーナー様にお知らせしたところ「最近はこのデッキで録音していないので正規な値に調整」することとなりました。

メカを取り出すためにはカバーを開けて、固定しているビスやコネクターを外し、

機器を横倒しにして底板を外し、そこからメカを取り出します。

ヘッドのコネクタも抜いてようやく分離できました。

リールの間にギヤ式のアイドラーが左右に振れてリールを回転させるのですが、横から覗くとやはりギヤが欠けています。

アイドラーの前面のブレーキ構成パーツを外すとアイドラーを抜くことができます。

ギヤ同士が重なる部分がそっくり欠けています。

同サイズの代替品を加工して流用します。

再生専用のアイドラーのメンテナンスを行います。表面を軽く研磨し専用クリーナーで清掃します。

ピンチローラーも同様です。

このヘッドは再生用、録音用それぞれ独立して調整可能です。調整箇所が多いのでサービスマニュアルで確認しながら調整する必要があります。

本体に組み込ました。動作テストOKです。

まずはテープ速度を調整し、

テストテープを用いてアジマス調整を行います。

斜め45度に調整です。

左の穴が再生ヘッドアジマス、右が録音用です。

PCで正弦波を入力し、再生モニターで位相ずれがないように録音ヘッドを調整します。

録再バランスも調整し修理完了です。正統派という感じの音質です。

-TD-V631
-, ,

執筆者:

関連記事

VICTOR TD-V631 ディスプレイ不点灯

ビクターの3ヘッドカセットデッキTD-V631の修理を行いました。 電源が入った状態の写真ですが、ディスプレイ表示が非常に暗いという症状です。少し前に修理したDTC-A8と同じでおそらく電源の故障と思 …

VICTOR TD-V631

VICTORの3ヘッドデッキ、TD-V631の修理を行いました。「再生はできるが、早送り巻き戻し不可」という不具合を抱えています。オーナー様からは、リールを駆動する樹脂製ギアが欠けているのではないかと …

検索

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM