Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESA

SONY TC-K333ESA Dolby-ICの故障

投稿日:2019年3月9日 更新日:

今日はTC-K333ESAの修理を行いました。再生不良はいつものとおりメカのモードベルトが原因でした。

順調に作業を進め、調整段階に移りました。が、

再生は正常でしたが、録音ではLchのレベルが極小です。Rchも何となく音が歪んでいるような感じです。どこかスイッチの接触不良かと色々いじりましたがそうではないようです。キャリブレーションは正常に作動しますのでヘッドは正常です。

ということで基板の故障決定です。これは厄介なことになりました。

デッキをひっくり返して底板を取り外し、写真左側の録音基板に半田割れが無いか点検しましたが、それらしきものはありません。やはりパーツの故障でしょうか。

サービスマニュアルのダイアグラムでINPUT~録音HEADまでの流れを確認しましたが、壊れそうなところは見当たりません。しいて言えばトランジスタかICです。

そこで、確信はありませんでしたが録音用のDolby-ICを交換することにしました。

SONY製のCX20188というICです。SONYのカセットデッキはほとんどこの型が使用されています。ジャンク基板から同型のICと交換します。

ビンゴです。このICの故障は初めて経験しました。

-TC-K333ESA
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K333ESA

SONYのTC-K333ESAの修理依頼をいただきました。 久しぶりに使用したところ、トレイ蓋が開かないということです。 イジェクトボタンを押すと、モーターの動作音が聞こえますが、反応はありません。 …

SONY TC-K333ESA キャプスタンモーターが回転しません。

DATデッキの修理の関係でお付き合いのあるお客様からをSONY製カセットデッキTC-K333ESAの故障品を買取りいたしました。 状態を確認したところが、キャプスタンモーターが回転していません。 この …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

検索

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM