Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-970X

TEAC V-970X

投稿日:

少し前の当ブログの記事をご覧になった方からV-970Xの修理依頼をいただきました。

キャプスタンは回転していますが、テープをセットして操作ボタンを押しても無反応です。

早速カバーを開けてメカを点検します。キャプスタンベルト、モードベルトいずれも問題ないように見えますが、

よくよく見てみるとモードベルトが加水分解でフニャフニャになっています。

まずはメカを降ろさずにこのベルトのみ交換してみます。これで動作するようにはなりましたが、テープセレクター表示のちらつき、テープ速度の狂い、録再バランスや音質など全体的に不調となっています。これはひととおりメンテナンスを行う必要がありますので、オーナー様にその旨をご連絡したところGOサインが出ましたのでメンテナンスを行います。

メカを固定しているビス5本とコネクタ類を外してメカ本体を取り出しました。ヘッドの状態は問題ありませんが、ピンチローラーがかなり光っています。

メカ背面のプレートを外すとフライホイールの脱着を行うことができます。

キャプスタンベルトは目視では問題ないように見えましたが、かなり柔らかくなっていますので新品に交換します。サイズは径80mmです。

フライホイールを外しリールメカユニットを取り出します。

アイドラーゴムの状態は悪くはありませんでしたが、消耗品ですので新品交換します。外径10mm内径6mm幅2mmです。

元通りに組み立てますが、キャプスタンにはシリコングリスを塗布します。

続いてピンチローラーのメンテナンスを行います。左側はテープガイドと一体になっていますので、脱着後はテープパス調整が必要です。あらかじめ位置をノギスで測定しておくと効率的に作業を進めることができます。

かなり表面がツルツルになっていますが弾力はありますので表面研磨を行い専用クリーナーで処理します。

ヘッドクリーニング及び消磁を行いました。

テープセレクターの検出スイッチの接点を目の細かい紙やすりで研磨します。

前回修理した970XではRECVOLの接触不良が起きていましたので、この機体でもメンテナンスを行います。RECVOLにアクセスするためにはフロントパネルの脱着が必要ですが、コツが要ります。まずはdbx基板を外しスペースを確保します。

ディスプレイ基板をフロントパネルに固定しているビス5本を外します。

フロントパネル底部のビスを外すと写真のように分離することができます。これでRECVOLが露出しました。

かなり特殊なタイプが使用されています。隙間から接点復活剤を微量吹き付けます。

元に戻して動作テストはOKです。

テープパスを目視点検します。

次はテープ速度です。315Hzのテープを再生しています。メンテナンス前は約320Hzとやや速めでしたが、メンテナンスの効果で動きが滑らかになりさらに速くなっています。

キャプスタンモーター背面の調整孔に細いドライバーを用いて315Hzに調整します。ワウフラッターで数値が常に前後しますが、315Hzを中心に振れるようにします。

ヘッドアジマスの調整です。

再生と録音ヘッドが独立していますので、それぞれ調整が必要です。

再生ヘッドは調整不要でした。

正弦波を録音します。左はSOUCE、右はTAPEです。本来は右写真も左写真のようになるはずですが、録音ヘッドの狂いがあるため一致していません。左右バランスと再生レベルも狂いが見られます。右肩上がり45度一直線になるようヘッドやレベルを調整します。

バイアスキャリブレーションの動作状況はOKです。この機種は、「PAUSE」を押し、その後「PLAY」「REC」を押して録音スタンバイ状態にして、「CAL START」を押すという手順です。

内部のケーブルを結束バンドで束ね、

完成しました。

-V-970X
-, ,

執筆者:

関連記事

TEAC V-970X 動作不良&録音不良

お客様から「修理リストには入っていないが、TEACのV-970Xの修理は可能か?」というメールをいただきました。再生・早送り・巻き戻しいずれも不可で、モーター音は聞こえるとのことです。 同機種について …

TEAC V-970X

久しぶりにTEACの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、V-970Xの修理依頼をいただきました。 2年ほど前に中古購入したものの、動作不良に至ったということです。 再生ボタンを押すと、左側のリ …

検索

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM