Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-2000ES

SONY DTC-2000ES 樹脂パーツ破損

投稿日:

2年以上前に当店で修理を行ったDTC-2000ESですが、不具合が起きたとのご連絡をいただきました。

早速点検を行います。

 

テープをローディングした後、最後の「カチッ」という音が出ずにCAUTION表示となります。ヘッドかキャプスタンモーターの不具合でしょうか?

カバーを開けてメカを観察します。テープは正規の位置までローディングしますが、ピンチローラーが上がらずに停止してしまいます。ヘッドとキャプスタンは動作していますので、ほかに不具合が起きているということです。

メカを取り出しました。1時間以上あれこれと点検を行い、遂に見つけました。

ピンチローラーをキャプスタンに押し付けるソレノイドの先端に取り付ける白い樹脂製のパーツが破損しています。非常に珍しい故障です。右写真は正常な状態です。

左が破損品です。幸いにも以前廃棄したジャンク機からパーツをストックしてありましたのでそれと交換します。これが無ければ修理は極めて困難となったでしょう。かなり力の加わる部分ですので疲労破壊でしょうか?

ソレノイドの先端に破損した白い破片が付いています。

スペアパーツを組み込んで、

動作テストはOKです。・・・しかし音飛びが発生します。リールの回転が不規則になっていますのでピンチローラーの不良と思われます。

かなり固くなっていますので研磨では対応できません。交換します。

以上修理に加え、メカのメンテナンスを行います。底部の基板を取り外し、構成ユニットにアクセスします。

モーターやギヤなどを取り外します。

古いグリスを除去し再グリスします。

モードベルトを交換、

組み付けてリングギヤの動作状況を点検します。

2DDリールメカです。

左右リールのブレーキパッドを張り替えます。

元通り組み立てます。

トレイベルトも交換します。

本体に組み付ける前にテープ走行、録音再生状況の点検を行います。OKです。

完成しました。

-DTC-2000ES
-, ,

執筆者:

関連記事

愛機DTC-2000ESの突然の故障

今日は私が所有しているデッキの修理記事です。 久しぶりに録音しようと思ったら、ローディング時に「キキキー」という嫌な音が内部から聞こえてきます。 原因はグリス切れで、場所はわかっていますので、早速メカ …

SONY DTC-2000ES(続き)

ヘッドが故障した2000ESのために、オークションで77ESを入手しました。これで名機を蘇えらせます。 故障したヘッドを撤去します。 77ESからヘッドを移植します。テープパスの調整を行い、つづいて操 …

SONY DTC-2000ES

3週間ほど前にDTC-77ESの修理を依頼された方から、今度はDTC-2000ESの修理依頼がありました。 不具合の状況は、「電源投入するとモータ異音の後EJECT出来ず使用不可」「録音ボタンと早送り …

ヘッドの破損

今日は保管している機材の点検を行いました。 すると、目につきにくいところにDTC-77ESの故障品が置き去りにされていました。おそらく数年前にジャンク品として入手したものの、そのまま修理せずに放置して …

SONY DTC-2000ES

先日に引き続きDTC-2000ESの修理依頼をいただきました。 「テープの取り出しができない」「再生、巻き戻し、早送りはできる」という状態ということです。 前回修理した機器と同様、RFシグナル測定用の …

検索

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM