Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-R70EX

AKAI GX-R70EX キャプスタンモーター交換

投稿日:

AKAI社製のクイックリバースデッキ、GX-R70EXです。

突然再生ができなくなったとうことです。早送り・巻き戻しはOKです。

テープをセットしない状態で再生ボタンを押しました。リールは回転しますが、キャプスタンが回りません。

ベルトは正常ですが、キャプスタンのプーリーを指で回しても回転しません。モーター内部の接触不良が原因であれば回復の可能性がありますが、回転しないということはモーターの交換が必要なようです。モーターが入荷するまでの間、作業は中断です。

入荷しました。貴重な純正モーターです。どこかの倉庫に眠っていたのでしょうか?

早速メカを取り出します。

メカを前に倒すと3つのモーターが現れます。左からキャプスタンモーター、リールモーター、カムモーターです。

不良モーターを取り出しましたが、指で回そうとしても回りません。無理やり回すと「キキキキ」と嫌な音がします。内部で摩耗か破損が起きているようです。

プラスチック製のプーリーを移植し本体に取り付けます。

次は接点のメンテナンスです。メカの作動状態を検知するためのリーフSWが何か所かありますので、メンテナンス用の開口部から細いヤスリを差し込んで接点を清掃します。

テープ種別検知、誤消去防止検知のSWの接点を清掃します。

ピンチローラーはかなり硬化が進んでいて再利用は難しい状況です。

同サイズの新品汎用品と交換します。

本体に組み込みました。テープ走行OKとなりましたので調整に移ります。

まずはテープ速度です。315Hzのテープを再生していますが、モーターを交換したのでかなりの狂いがあります。モーター背面の調整孔にドライバーを差し込んで調整します。

12.5KHzのテストテープを用いてヘッドアジマス調整を行います。オートリバース機ですので往復調整します。

バイアス調整です。3種類の周波数の異なるサイン波を録音し、再生音が原音と近いレベルになるまで基板上のトリマーで調整します。

dbxがONとOFFの両方で録音再生状態を点検します。スライドVOLの接触不良でバランスが著しく悪かったので接点復活剤を施します。

完了しました。動作音質良好です。

-GX-R70EX
-, ,

執筆者:

関連記事

AKAI GX-R70EX アイドラー破損

今日は「再修理」に関する記事です。当店では、一度修理を行った機器の「保証期間内の再修理」は、月に1件あるかないかという程度ですが、そのほとんどは、今回のような「修理時に再現されない(再現しずらい)隠れ …

AKAI GX-R70EX

今日の修理はAKAIのオートリバースデッキ、GX-R70EXです。 電源投入し、トレイ開閉ボタンを押すと、一旦開いてすぐに閉じてしまいます。それ以外の操作は受け付けません。 前面パネルを取り外し、メカ …

AKAI GX-R70EX

今日はAKAIのオートリバースデッキGX-R70EXの修理を行います。左右の録音バランスが悪いとのことです。 再生はまったく正常です。録音してみましょう。 録音時は異常はありませんが、それを再生すると …

AKAI GX-R70EX

AKAIのカセットデッキ、GX-R70EXの修理です。 キャプスタンモーターは回転していますが、それ以外はまったく動作しないといった状況です。 結論から言いますと、写真真ん中に見える白いギヤの固着が原 …

AKAI GX-R70EX

以前お取引いただいたお客様から別のデッキの修理依頼をいただきました。 AKAIのオートリバースデッキ、GX-R70EXです。 テープをセットして再生ボタンを押してもテープ走行しません。 カバーを開けて …

検索

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM