Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100EX

A&D GX-Z9100EX

投稿日:

同じお客様からA&Dのカセットデッキ2台の修理依頼をいただきました。1台目はタイトルにあるGX-Z9100EX、もう一台はGX-Z700でこれについては後日記事にしたいと思います。

不具合の状況としては、大きく以下2点ということです。

①カセットテープが、走行プレイ中巻き込んでしまいまい、途中で止まってしまう。
② 取り出しボタンを押しても、引っかかってしまう。

①は、アイドラーゴムのスリップ、②はヘッド周りの固着が原因と思われます。

テープをセットしないで再生状態にして指で右側リールをつまむとトルクが弱いことがわかります。やはりアイドラーのスリップです。

この機種(9100、7100シリーズ)を取り扱うときは修理の前に必ずテープガイドの点検を行います。その結果、右側のガイドが破損していることが確認されました。ヘッドとピンチローラーアームが固着気味のときに、ヘッドが下がり切らない状態で無理にテープを取り出すとガイドとテープが干渉して破損します。

カバーを開けて点検します。結束バンドが一部撤去されていますので一度は修理の手が入っています。

メカを取り出してトレイを分離します。

カセットホルダーです。カセットハーフを押さえるスプリングが変形しています。

加熱整形しました。こういう小さな積み重ねが後々影響してきます。

ヘッドとピンチローラーを押し上げても固着のため自動では戻りません。右は下がり切った状態です。

可動部には茶色のグリスが塗られていますが固まりかけています。分解して除去し、揮発性の低いシリコングリスを施します。

破損したテープガイドです。取り外す前に取り付け位置をメモします。

色は異なりますが同じものです。先ほどメモした元の位置に取り付けます。

ピンチローラーは弾力を失っています。また、サイドにはひび割れも見られます。新品代替品に交換します。

これでヘッド周りは完了です。

左右リールとアイドラーを取り外します。

アイドラーゴムも硬化が進行しています。これがテープ走行不良の原因です。新品代替品に交換します。

リールモーターや左右リールは、アイドラーゴムが接する面を清掃します。

続いてメカ背面に移ります。

キャプスタンのフライホイールとベルトはかなり汚れています。ザラツキが無くなるまで清掃します。ベルトは新品交換です。

伸びたカムモーターベルトも交換します。

テープセレクターの検出スイッチの接点を清掃します。

元通り組み立ててメカの整備は完了です。

本体に組み付けまずは走行テストです。動作良好です。

ミラーカセットでテープの走行状態を目視点検します。分解組立時にテープガイドの取り付け位置を確認していますので問題はありません。

クオーツロックですので調整はできませんが、テープ速度に問題は見られません。

専用のテープを再生しヘッドアジマス調整を行います。

かなり狂いが見られました。右は調整後、右肩上がり45度です。

録音再生レベル調整です。左は入力、右は出力です。同じ波形になるよう調整します。

最後は聴感で確認します。音質も良好です。

完成しました。存在感も最高ですね。

-GX-Z9100EX
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-9100EX

今日はA&DのGX-Z9100EXです。再生走行が不安定で時々ストップしてしまうのを、だましだまし使用していたのがとうとう動かなくなってしまったということです。 再生できましたが、かなり弱々し …

A&D GX-Z9100EX

九州在住の方からA&Dのカセットデッキ2台、修理依頼をいただきました。 1台目はGX-Z9100EXです。5年ほど前にオークションで購入されたデッキで、一度も動作したことが無いということです。 …

A&D GX-Z9100EX

A&DのGX-Z9100EXの修理です。3年ほど前にオークションで入手したものの、2か月ほどで故障し、そのまま放置してあったということです。 トレイ開閉はOKです。 テープをセットしてみました …

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

A&D GX-Z9100(7100)に発生する断線

先日、お客様のGX-Z7100EXを修理していたときのことです。 不具合の症状としては、キャプスタンが次第に低速になり最終的には停止してしまうというものでしたが、 キャプスタンモーター基板を交換し、無 …

検索

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM