Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7000

A&D GX-Z7000

投稿日:

昨日のGX-Z9100EXと同じお客様がお持ちのGX-Z7000です。

全体的に動作不良といった感じで、動作音もかなり大きくなっていて、操作を切り替えるたびに「ギギー」と唸ります。

カバーを開けました。個人の方が修理されたような形跡があります。

異音を発しているのはこのカムモーターです。後ほど代替品に交換します。

コントロール基板に接続されているコネクタを外しメカを取り出します。

ホルダーのダンパーが変形していますので脱着して加熱整形を行います。

動きの重いヘッド周りのメンテナンスを行います。

古いグリスが固まりかけています。除去して揮発性の低いシリコングリスを塗布します。

ピンチローラーアームの支点部のシャフトに塗られたグリスも乾いています。

分解清掃、再グリスを行います。

弾力が失われつつあるピンチローラーは新品代替品に交換しました。

左右リールとアイドラーを外します。

アイドラーゴムを交換、リール側面やリールモーターのシャフトなどゴムの当たり面をアルコール清掃します。

続いてメカ背面です。基板を取り外して各ユニットにアクセスします。

フライホイールの状態は比較的良好です。軽く清掃します。

カムモーターのベルトを交換します。

異音の発生元のモーターは新品代替品に交換します。

暗くてよく見えませんが、テープセレクターの検出スイッチの接点を清掃します。GX機のウイークポイントのひとつです。

キャプスタンにグリスを微量塗布し元通りに組み立てていきます。ベルトも交換します。

メカのメンテナンスが完了しました。本体に組み込んで動作テストを行います。

再生、早送り、巻き戻し動作テスト良好です。

ピンチローラー一体型テープガイドの脱着を行いましたのでテープパス点検は必須です。

テープ速度を調整します。ワウフラッターで数値が振れますが、315Hzを中心に合わせます。

ヘッドアジマスです。逆位相となっています。

 

調整後です。

録再レベル調整を行います。左が入力、右が出力です。波形が一致しないのは録音ヘッドアジマスの関係ですが問題の無いレベルです。

CDを録音再生モニターしています。調整を行ったので音質良好です。

完成しました。

-GX-Z7000
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z7000 レベルメーター片側が無反応

これまで何度かお取引いただいている方からGX-Z7000の修理依頼をいただきました。 左CHのレベルメーターが振れません。 回路図を見ながら順番に点検していきます。・・・と、コントロール基板上の、メー …

AKAI(A&D)製GXデッキのテープガイドとテープの干渉

今回は、AKAI(A&D)のカセットデッキのうち、GX-93(73)以降のデュアルキャプスタンカセットデッキに関しての記事になります。 具体的な機種としては、上記のほか、GX-Z9000(70 …

GX機のカムモーター

AKAIのGX-93、GX-73、A&DのGX-Z9000、GX-Z7000、GX-Z5000、GX-Z9100(EX、EV)、GX-Z7100(EX、EV)のメカには、モーターは3種類使用さ …

A&D GX-Z7000 モーター故障

先日当店で修理を行ったGX-Z7000ですが、お客様に納品後間もなく不具合が生じました。 症状は、「テープ走行が勝手に停止」「異音発生」で、テープの後半部分に多発するとのことです。 テープが停止したと …

A&D GX-Z9000 ピンチローラー二重苦

先日の機体とは別のものですが、今回整備を行ったGX-Z9000で珍しい故障が見つかりました。 テープ走行の状態を自作のテープパス点検カセットで確認していたときのことです。左側のピンチローラーがスリップ …

検索

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM