Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESG TC-K555ESG

TC-K333(555)ESG 過電流保護素子ICP-N20の破断

投稿日:

今日はTC-K333ESGのメンテナンスです。

(写真はニチコン製に交換済みです)333に限らず555ESGでも同じですが、この機種では録音・再生・ヘッドホン基板上のELNA製オーディオ用電解コンデンサーの液漏れがほぼ100%の確率で発生しています。そのため、メンテナンスに当たっては一旦基板を本体から取り外すといった作業を伴います。

その際には、基板に接続されている電源コネクタ(右写真:青赤黒)の脱着を行うことになりますが、ここで一点注意しなければならないことがあります。

それは、このコネクタを外した状態で電源を入れないことです。

先ほどのコネクタは、電源基板のこの奥に接続されていますが、手前に巨大な電源用コンデンサーがあります。ここには電源ON時には16Vの電源が印加されているのですが、先ほどのコネクタを外した状態で電源をONすると、電気の逃げ場がないため、電源をOFFにした後でも16Vの電圧がこのコンデンサーに蓄えられています。

その状態で、コネクタを接続するとどうなるかというと、再生基板に突入電流が流れて、

写真中央に見える黒いトランジスタのような形をした、過電流保護素子ICP-N20が断裂します。そうすると、「テープ走行はするが音が出ない」といった状態になります。

私もこれまで何度か経験しましたが、コネクタが未接続のまま電源をONにしてしまった場合は、一度コンデンサーに蓄えられた電気を開放する必要があります。

おそらくESGに限らず、ESシリーズでは共通の注意点と思われますので、ご自分で整備される方は十分留意の上作業を行ってください。

-TC-K333ESG, TC-K555ESG
-, ,

執筆者:

関連記事

TC-K555ESG モノラル再生?

今日はSONYのTC-K555ESGの整備を行いました。メカのメンテナンスを終え、走行テスト後に録再チェックを行いました。 ???何かが変です。録音中にSOURCEからTAPEに切り替えると定位が変化 …

TC-K333ESG オーディオ回路の電解コンデンサー交換

TC-K333ESGの電解コンデンサー交換の依頼をいただきました。 SONYのESシリーズのデッキのうち、333ESGと555ESGについては、オーディオ回路の電解コンデンサーの液漏れ問題が数多く報告 …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-K333ESG

お客様から買取依頼がありました。そのうちの1台、SONYのカセットデッキ、TC-K333ESGです。 1989年に発売され、当時の価格は79,800円で555ESGと222ESGに挟まれた3姉妹の真ん …

SONY TC-K333ESG 誤作動の原因

本日はSONY製カセットデッキ、TC-K333ESGの修理を行いました。 動作不良の原因はいつもどおりのモードベルトでしたが、定番のキャプスタンモーターの基板実装型電解コンデンサー交換、ロータリーエン …

検索

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM