Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESA

SONY TC-K555ESA

投稿日:

今年の春に当店でDATデッキの修理と購入をいただいたお客様から、今度はカセットデッキの修理依頼をいただきました。

SONYのTC-K555ESAです。破損防止のため、サイドウッドは外した状態でお送りいただきました。

ヘッドとピンチローラーは上がりますが、モーター音は鳴るもののリールが回転しません。この機種は、リールの駆動を行うアイドラーはギヤ式ですので、スリップしているということはありません。

豪華な造りです。下位機種の333ESAとの違いは、「電源部の大型の電解コンデンサー」「銅メッキシャシ」「高品質RECVOL」「鋳鉄製インシュレーター」といったところでしょうか。

メカを取り出してリール周りの点検を行います。何が原因でしょうか?

コネクタをメカに繋いで動作チェックをすると、アイドラーギヤがリールに接触しているのに回転しません。よくよく見てみると、ギヤが2コマほど欠けています。ESシリーズはこれまで100例以上扱いましたが、初めての経験です。

しかし、スペアパーツがありますので心配は要りません。今回は故障個所の修理に加え、メンテナンスも行いますので、アイドラー取り付けは後ほど。

ということで、キャプスタンモーターを切り離します。

モーターを分解します。

何やら見かけない光景が・・・黒い細いケーブルはバイパスです。交換を予定していた電解コンデンサー2ケは既に交換済みでした。おそらく、元々付いていたコンデンサーが液漏れして基板にダメージを与えたために、バイバスを設置したのだと思います。

キャプスタンのシャフトにグリスを微量施し、ベルトは新品に交換し組み立てます。

メカのフロント部です。モーターブロックを分離します。

ESシリーズで一番の問題児、モードベルトは交換済みでした、せっかくの機会ですので新品に交換します。写真のように仮組みし、組み立てた後にモータープーリーに掛け直します。

メカの動作状態を検知するロータリーエンコーダーです。

意外と汚れは少ない状態でしたが清掃し、接点の摩耗を防ぐ専用グリスを塗布し組み立てます。

誤消去防止・テープ種別検出スイッチの接点を清掃します。半透明のカバーを固定している爪を破損しないよう、脱着は慎重に行います。

アイドラーを取り付けます。

ヘッド周りのクリーニングを行います。

硬化が見られるピンチローラーは、同サイズの代替品新品に交換します。

元通りに組み立てました。

本体に組み込んで、テープ走行と音出しの簡易テストを行います。問題はありませんので調整に移ります。

正面からテープ走行の状態が目視できるテープを用いて、テープ走行状態の点検を行います。左側ピンチローラーアームの脱着を行った後は必ず行う必要があります。

315Hzのサイン波が録音されたテープを再生しテープ速度の点検を行いますが、クオーツロックですので、テープ速度に問題があることは皆無と言っていいです。

同じテープを用いて左右出力レベル(傾き)とアジマス(右肩上がり45度がベスト)の簡易調整を行い、

12.5kHz(高域用)のテープを再生し、

右肩上がり45度に限りなく近い状態にヘッドを調整します。

最後は入力と出力が同じレベルになるよう、基板上のトリマーで調整します。

ここでようやく聴感テスト行うことができます。CDを録音し、再生モニターとの音質の違いをチェックします。お世辞抜きで原音との区別が困難なほど音質良好です。

完成しました。さすが当時のフラッグシップです。素晴らしい音色を奏でています。

-TC-K555ESA
-,

執筆者:

関連記事

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-K555ESAベルト交換

今回はSONYのカセットデッキ、TC-K555ESAの「ベルト交換」の依頼を受けましたので、注意点も含め解説していきます。SONYのカセットデッキは、ESGシリーズ以降の555、333、222及びA7 …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

検索

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM