Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100EV

A&D GX-Z7100EV テープ損傷

投稿日:2019年9月3日 更新日:

このところGX機の修理が続いていますが、今回のデッキは、「テープが損傷(シワが付く)する」「再生時左右バランス不良。ただし、自然に正常に元に戻ることがある」といった症状を抱えています。

テープにシワが付くというのは、「バックテンション不良」「ピンチローラー不良」といったことが原因です。

やはりバランスに異状が見られます。しかし、テープを入れ替えると正常な時もあります。

カバーを開けて、接続されたコネクタを切り離しメカを取り出しました。

 

ピンチローラーがかなり劣化しています。

ヘッド周りの可動部は綺麗に清掃されていて、動きもスムーズです。

ピンチローラーは同サイズの新品と交換します。

左右リールを取り外してゴムの当たる箇所を清掃します。

アイドラーゴムは新品を取り付けます。

左側リールのブレーキパッドが下側に移動しています。粘着力が弱まっていますので、一旦剥がして強力な接着剤で張り直します。

フロント部のメンテナンスが完了です。

メカ背面の基板を取り外します。

フライホイールは非常に状態が良好です。ベルトは消耗品ですので交換します。

トレイ開閉、ヘッドとピンチローラー上下を駆動するカムモーターのベルトも交換します。

検出スイッチの接点も非常に綺麗です。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布して組み立てます。

メカの整備が完了しましたので本体に戻します。

動作テストOKです。

テープの走行状態を目視点検します。

テープ速度です。315Hzのテープを再生していますので1%弱遅くなっています。コントロール基板上のトリマーを回して調整します。

再生ヘッドのアジマスを調整します。

左右同レベルの入力(左写真)に対して録音再生モニターしたものが右写真です。バランスが狂っています。

メイン基板のRECLEVELを回して調整します。一直線になっていますので録音ヘッドのアジマスはOKです。

CDを録音再生モニターして聴感テストを行います。良好です。調整が完了しましたのでケーブルを束ねます。

完成しました。テープ走行が安定したため左右のレベルバランスの狂いも無くなりました。

-GX-Z7100EV
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z7100EV

以前からお取引いただいているお客様からのご依頼です。 A&DのGX-Z7100EVです。最近、無印の7100よりもこのEVの修理依頼が多いような印象があります。ちょうどそういう時期なのでしょう …

A&D GX-Z7100EV

「調子が悪い」GX-Z7100EVのメンテナンス依頼をいただきました。 まずは動作状況を確認します。 テープ走行、再生は一応しますが、回転しているリールのトルクがかなり弱くなっています。また、早送り巻 …

A&D GX-Z7100EV

今日はGX-Z7100EVの修理を行いました。 再生を開始すると異音を発しながらテープ走行し、数秒で停止します。 早速修理に取り掛かります。修理の形跡があります。 コネクタに何か処置されています。ビニ …

GX機トレイ補修

AKAI、A&DのカセットデッキでGX-93、73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100のカセットホルダー(トレイ)は、構造がほぼ同一です。 この箇所で一番多い故障は、モード …

GX機のトレイ開閉

AKAIのGX-93、73、A&DのGX-Z9000、7000、9100、7100、また、それ以外の数機種ではトレイ開閉は同じメカが採用されています。 そこで一番多いトラブルは、「トレイが閉ま …

検索

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM