Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-R88

AKAI GX-R88

投稿日:2019年9月12日 更新日:

AKAIの3ヘッドオートリバースデッキ、GX-R88の不動品を入手しました。元のオーナーのお話では「テープが絡む」とのことでしたが、いずれにしても整備しますので関係ありません。

新品価格118,000円の高級機ですが、この上にはGX-R99というさらに高級機が存在します。

電源を入れてEJECTボタンを押しましたが反応はありません。これではテープが絡むどころではありません。

カバーを開けて点検します。AKAIには珍しくベルトが溶けています。それでモーターが空転しています。

 

このプーリー回すと空転していたモーターが停止し、トレイが開くようになりました。

ケーブルの関係上、メカを内部から取り出そうとしましたが、内部の仕切りが支障となってできません。前方に引き抜くしかないようです。

メカ背面のコネクタを切り離します。ところが、ヘッドの配線がコントロール基板の下をくぐっていて、引き抜けません。

そこで、コントロール基板の脱着が必要となりますが、フロントのメーター基板とコネクタ接続となっていて簡単には外れません。メーター基板を前方に引き出して、ソケット部にドライバーを差し込んでようやく分離することができました。

メカを取り出しました。まだまだ序盤ですが、初めての機種ですので順調には進みません。

背面の基板を外します。キャプスタンは2DDモーター、さらにフライホイールはベルトで連結されています。

フライホイールを外し、その下のFG基板ごとモーターブロックを分離します。これで溶けたベルトを交換することができます。

アルコールで清掃し、折れ長38mmのベルトを掛けます。

隣のカムモーターのベルトも交換します。これとキャプスタンベルトはGX-93などと同サイズです。

背面は元通り組み立てて、前面に移ります。カセットホルダーを切り離します。両側のスプリングにヘタリが見られますので加熱整形します。

写真中央に写っているスプリングが外れていました。これはテープガイドをスライドするためのスプリングです。写真は復旧後ですが、これが原因でテープが絡んだものと思われます。

アイドラーを取り出してゴムを交換します。外径15mm内径12mm厚さ2mmです。

元通りに組み立てます。動作音出しOKです。

これはサービスマニュアルが無いと気づきませんが、テープ速度のツマミはこの奥にあります。

アジマス調整はフォワード、リバース両方行う必要があります。ヘッドの両側の調整ネジを回します。

バイアスのクイックオートチューニングが搭載され、2秒ほどでセッティングが完了します。

完成しました。ほぼ1日がかりの整備になりました。落ち着いた大人の音色を奏でています。こういった高級リバース機もなかなか良いですね。

-GX-R88
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM