Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-73 GX-93

AKAI GX-73 発送直前にトラブル発生

投稿日:

朝起きてパソコンを立ち上げると、オークションに出品していたGX-73が落札されたとのメールが届いていました。

もちろん整備済みの機器ですが、すぐに梱包して発送手続きというわけにはいきません。万一のことも想定して、発送前には必ずひととおりの点検を行うことにしていますので、まずは機器をアンプに接続して電源を投入しました。

ところが、録音済みのテープをセットして再生ボタンを押しても音が出ません。メーターもまったく振れません。テープは走行していますので、何かの間違いかと思い、テープを替えたり、CDプレイヤーを接続してSOURCEに切り替えてもうんともすんとも言いません。

・・・故障です。しかし、メカであれば長期保管中にゴムベルトの劣化やグリス硬化により故障することはありますが、整備してわずか1か月ぐらいで基板が自然に故障するということは考えにくいことです。

早速修理に取り掛かります。まったく音が出ないという故障は電源ラインの不具合と考えて間違いはありません。まずはヒューズを点検しましたが問題はありません。

次に考えられるのは、半田付け箇所の接触不良ですので、怪しいと思われる箇所を指で触っていると、トランジスタの前に取り付けられている電解コンデンサーが「フニャ」という感じで動きました。取り外してみると端子が腐食して切断しています。

「電解コンデンサー」「腐食」というと、「液漏れ」を連想しますがそうではありません。ではなぜ腐食したのかというと、トランジスタの放熱板を基板に固定するための接着剤が原因のようです。この接着剤が必要以上に多く塗られ、電解コンデンサーの端子にまで及んでいました。念のためもう片方も点検したところ、やはり腐食が進んでいました。このデッキを整備した1か月ほど前はギリギリ大丈夫だったようです。

通常では考えられませんが、30年以上経過するとこういった想定外の故障が発生することがあります。今回はメイン基板のトラブルでしたが、GX-73(93)にはコントロール基板にも同様の箇所がありますので注意が必要です。

-GX-73, GX-93
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9000 ピンチローラー二重苦

先日の機体とは別のものですが、今回整備を行ったGX-Z9000で珍しい故障が見つかりました。 テープ走行の状態を自作のテープパス点検カセットで確認していたときのことです。左側のピンチローラーがスリップ …

AKAI GX-93

以前DATデッキの関係でお取引のあったお客様からAKAIのGX-93の修理依頼をいただきました。 希少なシャンパンゴールド色です。 とりあえず動作はしますが、カムモーターが唸りっぱなしです。 カバーを …

AKAI GX-93 dbx録音不良

AKAIの代表作であるGX-93の修理依頼をいただきました。 電源をONにするとモーターが唸り、一向に停止する気配はありません。 カバーを開けました。配線がバラバラになっていますので、一度は分解された …

AKAI GX-93

今日の修理は、カセットデッキの名機中の名機、AKAIのGX-93です。 洗練されたデザイン、GXヘッドやクオーツロック、dbxを搭載した当時最先端の3ヘッドデッキです。 このデッキには致命的な故障は少 …

AKAI GX-93

今日は当店の最も得意としているGX-93です。 「トレイ開閉不良」「ヘッド周り固着」といった不具合を抱えています。 電源ONで数秒後に勝手にトレイが開いてしまいます。 早速メカの整備に移ります。ケーブ …

検索

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM