Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V721

VICTOR TD-V721 早送り巻き戻し不良

投稿日:

本ブログ初登場のVICTOR製3ヘッドカセットデッキ、TD-V721です。

当時87000円の販売価格ですから高級機に分類されます。

再生はできますが、早送りと巻き戻しが動作しません。VICTORのデッキで多く見られる不具合です。

基板の仕切りは銅メッキ仕様です。

メカを取り出すためには底板を脱着する必要があります。防振等対策として厚さ2cm弱、重量は1-2kgはあると思われるSOLIDBASEが装備されています。

メカを固定している計4本のネジやヘッドのコネクタ類を外します。

メカ上部の基板は、カセットハウジングの照明ランプに半田付けされていますので、これも切り離します。

メカを取り出しました。

左右リールの中央に見える白いギヤの後ろにある肌色のギヤが破損していると思われます。

白いギヤと噛み合わさる部分がすべて欠けています。

同じものは入手できませんので、ギヤ部分が同じ形状の代替品を加工して取り付けます。

再生時は、左写真の中央に見えるギヤを介して、右写真の黒いアイドラーがリールに接触して回転させます。

専用クリーナーで清掃します。

キャプスタンはDDモーターで駆動されます。ベルトに問題はありません。

メカを本体に戻して動作テストを行います。動作良好です。

点検調整に移ります。315Hzのテープを再生し速度の点検を行います。基準値内です。

再生ヘッドのアジマスを点検します。わずかに狂いが見られます。

録音・再生独立ヘッドです。左側が再生ヘッド、右端が録音ヘッドの調整ネジです。

調整後です。

続いて録音ヘッドアジマスを点検を行います。左右同レベルのサイン波(左写真)を録音再生モニター(右写真)します。わずかに狂いが見られます。

調整後です。

実際にCDを録音し聴感テストです。メリハリのある音質です。

完成しました。

-TD-V721
-,

執筆者:

関連記事

VICTOR TD-V721 定番の故障

VICTORのTD-V721です。 中古購入したときから不具合を抱えていたということです。 再生はするものの、早送りと巻き戻しが不可です。ビクターの定番の故障です。 早速修理に取り掛かります。メカを取 …

VICTOR TD-V721

今日はVICTORの3ヘッドデッキ、TD-V721の修理を行います。 底板に防振用の高剛性重量級ソリッドベースを装備しているため、見た目よりもかなり重量があります。 不具合は、VICTOR機では定番の …

VICTOR TD-V721

VICTORの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V721の修理依頼をいただきました。 故障は、定番の「早送り・巻き戻し不可」です。再生は可能ですが、 早送りと巻き戻しはモーター音が聞こ …

VICTOR TD-V721 走行不良

今日はVICTORのTD-V721の修理を行いました。 テープの走行不良です。 早送りと巻き戻しはモーターの音が聞こえるのみです。 再生も途中で止まるということでしたが、正常に動作します。 カバーを開 …

検索

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM